夢にまで出てくる12億円。

実際に当たったら人生が変わっちゃうのかな。でも欲しいよね。平塚がホームバンクの僕にとってチャリロトは力が入る。スポーツ報知もチャリロトを全面的にバックアップ。

僕の目で見て聞いた新鮮な情報を提供します。「ハロー警報」共々よろしくね。

 
  •  
  •  
  • 予想を見る!
永井順一郎プロフィール

1965年4月28日 神奈川県小田原市生まれ。

国学院大学卒業後、高校の教員を得て報知新聞社に入社。

高校時代は野球に熱中して甲子園を目指す。

ネームバリューにとらわれず予想は、選手と話した感じでつける。安定感?はないが高配当狙いで一部ファンに人気。

趣味は旅行と釣り。大の京都好きで京都検定2級。

スポーツ報知ホームページはこちら

永井順一郎の言いたい放題!!

平塚F2ナイター  8月6日-8日 

 夏の高校野球・甲子園が始まった。今から30年以上前、僕も生意気に甲子園を目指していた。目指していたというより、神奈川大会で校歌を1度は歌いたいが目標だった。当時は54キロ。細かったな(笑い)。中学時代はオーバーハンドだったけど、高校2年の新チームになってからサイドハンドに転向。勝手に「カミソリシュート」なんていっていた。勝負球はやはりインコースのシュート。1試合で2、3人にはデッドボールを与えていた。それでも頭は下げなかった。内心は「ごめんんさい」と思っていても、帽子を取って頭を下げると、闘争心がなくなるような気がして。今年は南神奈川大会の準々決勝を、保土ヶ谷球場で観戦。猛暑の中、水をかぶりながら声を張り上げた。やっぱり高校野球はいいね。

 神奈川からは横浜と慶応が甲子園への切符を手にした。両校ともいいところまで勝ち上がるだろう。驚いたのは三重代表の白山。女性部長が見学でバッターボックスに入って注意されたっていうけど、そのくらいいいと思う。何年か前に女子マネージャーがグラウンドに入って、ああだこうだの議論があったけど、融通が利かないと思うな。

 甲子園に負けじと競輪も熱く盛り上がる。今回はガールズ開催。ガールスは尾崎睦、高木真備、山原さくらが3強。三つどもえの争いは見応え十分。男子は矢口大樹かな。彼はA級を走る選手じゃないよね。S級でもっともっと活躍してもらわなければならない選手だと思っている。