TOP > オートレース > 伊勢崎G2(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/02/13

Perfecta編集部

伊勢崎G2(4日目)ピックアップ

伊勢崎G2(4日目)ピックアップ

2021年2月13日
伊勢崎(4日目)サンケイスポーツ杯G2レジェンドカップ

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

単独0ハンから1・岩沼靖郎が逃げ展開に持ち込む。
10線から2番手は3・浜野淳がつけ、2周回目には7・篠原睦が3番手に浮上する。
快調に飛ばす岩沼がリードを保ったまま、逃げ切り1着。
2着に浜野が入線した。
残り2周回HSで4・笠木が篠原を逆転して3着。


1着/岩沼靖郎(伊勢崎25期)競走タイム3.390
競走車名:M・タンキ ランク:A78
今節の成績:2着・1着・1着・1着
準決勝戦でハンデが10m重化したものの、見事な逃げ切りで優出一番乗りを決めた。
勝因の一つに「暖かくなった」ことを挙げる。
今日は日差しも強く、気温は16度まで上がった。
同時刻の走路温度も昨日の19度から26度まで上昇。
これで2日目から3連勝。
「明日も暖かくなることを祈って、精一杯、逃げます!」と、宣言。
優勝戦も単独0ハンから初の記念制覇を狙う。


2着/浜野淳(山陽24期)競走タイム3.389
競走車名:アモン ランク:A37
今節の成績:5着・1着・6着・2着
スタートから好位置につけて、2着で優出切符をゲット。
岩沼の逃げに対しては「仕掛けるところまで行けなかった」と、語る。
だが、エンジンの状態については「良いと思う、そのままで」という評価。
優勝戦は2枠で、10線の最内枠。
2015年以来、約6年ぶりのグレードレース優勝なるか。

***************

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

スタートは10線最内の1・福田勝則が決める。
しかし、7・木村武之が1周回で3番手の好ポジションにつける。
木村は2周回目に4・東小野正道を、さらに3周回3コーナーで福田をかわして先頭に立つ。
8・永井大介も木村を追い、4周回3コーナーで2番手に上がる。
木村と永井の首位争いとなるが、木村が振り切って1着。
2着に永井、3着には東小野が入線した。


1着/木村武之(浜松26期)競走タイム3.370
競走車名:ワント ランク:S24
今節の成績:1着・2着・4着・1着
今節は新品クランクに交換。
準決勝戦もスタートで3番手につけてからの速攻が決まり、シリーズ2勝目。
近況は優出を逃していただけに「悪くない動きだと思う」と、手応えを感じる。
優勝戦に向けても微調整程度で挑む。
レジェンドカップは一昨年に優出して6着。
昨年のウィナーズカップに続いて、G2通算13回目の優勝を目指す。


2着/永井大介(川口25期)競走タイム3.370
競走車名:ダビド・ビジャ ランク:S13
今節の成績:3着・4着・4着・2着
「今年の初優出!」と、レース後は笑顔と共に安堵の表情も見せた。
マシンをオーバーホールしたことで立て直しに成功。
「同期や先輩たちが手伝ってくれたおかげ」と、祝福に訪れた仲間たちに頭を下げた。
エンジン、タイヤ、共に良くなった。
ただ、「まだ乗りづらさがある」とのことで、優勝戦に向けて再び調整に入る。
レジェンドカップは3年連続の優出。
久々の記念制覇で復調をアピールしたい。

12

ページの先頭へ

メニューを開く