TOP > オートレース > 飯塚特別G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/03/20

Perfecta編集部

飯塚特別G1(4日目)ピックアップ

飯塚特別G1(4日目)ピックアップ

2021年3月20日
飯塚(4日目)特別G1共同通信社杯プレミアムカップ

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(湿走路)

0線最内からスタートで伸び返した1・丹村飛竜が逃げ展開に持ち込む。
3・佐藤摩弥は序盤で2番手につける。
が、4番手の6・佐々木啓が4周回目に入るHSで、佐藤と4・浦田信輔をまとめてかわして2番手に浮上。
そのまま丹村が1着、佐々木が2着で山陽勢のワンツーフィニッシュ。
3着には佐藤が粘った。


1着/丹村飛竜(山陽29期)競走タイム3.655
競走車名:ヒシャカク ランク:S23
今節の成績:2着・2着・6着・1着
「1コーナーで伸び返していければと思っていたので、理想通りでした」
インからスタートを突っ張り切って、好展開に持ち込んだ。
1カ月ぶりの勝利は今年のグレードレース初優出を決める値千金の1勝だった。
プレミアムカップは昨年3月の飯塚開催でも優出(5着)。
枠番選択の予備抽選では1番目の選択権を引き当て、2枠を選んだ。
4年ぶり2回目のG1制覇を目論む。


<*写真は1月開催時>
2着/佐々木啓(山陽23期)競走タイム3.658
競走車名:リアン ランク:S8
今節の成績:1着・4着・2着・2着
レースのポイントとなったのは4周回目。
2車抜きを敢行して、一気に優出圏内に浮上した。
「外を走るとタイヤがなくなる。どこかで内に向けようと思っていた」
冷静沈着なハンドルワークが光った。
SG全日本選抜に続いて、グレードレースは連続優出。
優勝戦は7枠と外寄りになったが、晴雨を問わないオールラウンダーは軽視禁物だ。
2008年以来となる2回目のプレミアムカップ優勝を狙う。

**********

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(湿走路)

4・中村雅人、5・高橋義弘がフライング。
2回目のスタートは、2・西原智昭が1・丸山智史を叩いて先制。
2番手は6・佐藤貴也、3番手には大外からスタート決めた8・有吉辰也が続く。
この3車が前団形成のまま周回を重ね、西原が後続を抑え切って1着。
最終周回で有吉が佐藤を捲りで捕える逆転劇で優出を決めた。


1着/西原智昭(伊勢崎28期)競走タイム3.652
競走車名:ニシエスタ ランク:S34
今節の成績:2着・5着・3着・1着
1本目のスタートで2車がフライング。
「1本目は遅れてしまっていた」だけに仕切り直せたことで好転。
2本目は抜群の飛び出しでレースの主導権を一気に掌握した。
G1優出は2019年2月の浜松以来で約2年ぶり。
「3日目をベースにドドドがこないタイヤを探したい」と、優勝戦に備える。
選択順は3番目で好枠の3枠を手にした。
優出メンバーでは唯一、記念優勝を経験していない。
「良いスタートを切って」と、悲願達成に挑む。


2着/有吉辰也(飯塚25期)競走タイム3.652
競走車名:キックアス ランク:S16
今節の成績:3着・1着・5着・2着
混戦のまま突入した最終周回で渾身の捲りを決めた。
「貴也が巧かったけど、エンジンは貴也より良かった」と、道中で分析。
中を狙うと立ち上がりで滑るので、最後の捲りに全て賭けた。
「もう疲れましたよ」と、苦笑いで振り返るが、前回の川口G1優勝から好ムードが続いている。
今節は初日が45歳のバースデー開催。
2010年以来2回目のプレミアムカップ優勝で自ら祝砲をあげるか。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く