TOP > オートレース > 川口オートG1(4日目)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/08/28

Perfecta編集部

川口オートG1(4日目)レポート

川口オートG1(4日目)レポート

2021年8月28日
川口オート(4日目)G1第45回日刊スポーツ キューポラ杯

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

スタートから単独0ハンの1・古木賢が逃げ態勢。10線最内の2・山田真弘が2番手、6・佐藤貴也が3番手で続く。3周回3コーナーで山田が古木をかわして先頭奪取。7・中村雅人、8・早川清太郎も4番手からチャンスをうかがう仕掛け切れない。山田はそのまま押し切って1着。最終周回1コーナーで古木を捕らえた佐藤が2着。最終周回で古木を捲った中村が3着に入線した。早川は4着に終わり、ここで大会連覇は夢と消えた。


1着/山田真弘(川口24期)競走タイム3.428
競走車名:ポッポ・SL ランク:A162
今節の成績:2着・2着・1着・1着
G1優勝:1回(2007年11月船橋「オート祭」)
※2014年9月の飯塚「ダイヤモンドレース」以来のG1優出


2着/佐藤貴也(浜松29期)競走タイム3.416
競走車名:スケートラブ ランク:S12
今節の成績:4着・2着・6着・2着
G1優勝:5回(2021年5月浜松「ゴールデンレース」)

**********

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

スタートでセンター枠から4・黒川京介が飛び出してレースの主導権を握っていく。2番手に1・阿部剛士で、7・高橋貢が好スタートから1・2コーナーで巧くポジションを取って3番手を奪取。ここまで3連勝で勝ち上がってきた8・永井大介は5番手からレースを進める。高橋は2周回3コーナーで阿部を捕らえて2番手に浮上。永井も3周回3コーナーで3番手に上がり、前の2車を追う。逃げる黒川だったが4周回目に高橋がインから捌いて先頭に浮上。そのまま高橋が1着、永井も攻め上がるが黒川が抑えきって2着に入線した。


1着/高橋貢(伊勢崎22期)競走タイム3.412
競走車名:ウルフ ランク:S10
今節の成績:2着・3着・3着・1着
G1優勝:28回(2021年1月飯塚「開設記念レース」)


2着/黒川京介(川口33期)競走タイム3.415
競走車名:ペルセウス2 ランク:A6
今節の成績:6着・5着・3着・2着
G1優勝:1回(2019年12月山陽「スピード王決定戦」)

※G1優勝の( )は直近の優勝開催。

12

ページの先頭へ

メニューを開く