TOP > オートレース > 伊勢崎オートG1(4日目)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/09/11

Perfecta編集部

伊勢崎オートG1(4日目)レポート

伊勢崎オートG1(4日目)レポート

2021年9月11日
伊勢崎オート(4日目)さわやか杯G1第28回ムーンライトチャンピオンカップ

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

単独0ハンの岩沼靖郎が序盤はレースを作る。荒尾聡は着実にインから捌いてポジションを上げると、3周回で2番手に浮上し、4周回で岩沼をかわして先頭に立つ。2番手に岩沼、3番手に田中茂の態勢となるが、4周回3コーナーで中村雅人が2車抜きを敢行して2番手に上がる。抜け出した荒尾が1着、2着には田中の攻めを凌いだ中村が入った。


1着/荒尾聡(飯塚27期)競走タイム3.399
チャリレンジャー(スポンサード選手)
競走車名:デフジャムAK ランク:S7
今節の成績:4着・1着・4着・1着
G1優勝:11回(2021年6月飯塚ダイヤモンドレース)


2着/中村雅人(川口28期)競走タイム3.405
競走車名:KOモンソン ランク:S6
今節の成績:6着・1着・4着・2着
G1優勝:9回(2019年3月山陽プレミアムカップ)

**********

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

0ハンの山中充智を2周回目で松本やすしが捕えて逃げ態勢へ。スタートから3番手につけた佐藤貴也の攻めも早く、4周回1コーナーで松本をかわして先頭に立つ。3番に上がってきた木村武之もチャンスを狙い、5周回3コーナーで捲り攻勢。一旦は木村が佐藤貴を外から捕えたかに、内から佐藤貴が盛り返して先頭を再度奪還。後続の攻めを抑えきった佐藤貴がそのまま1着。松本やすしがラストチャンスの捲りを狙うも2着は木村がキープ。最後の直線で松本をかわした高橋貢が3着に入線した。


1着/佐藤貴也(浜松29期)競走タイム3.408
競走車名:スケートラブ ランク:S12
今節の成績:3着・4着・7着・1着
G1優勝:5回(2021年5月浜松ゴールデンレース)


2着/木村武之(浜松26期)競走タイム3.412
競走車名:ワント ランク:S5
今節の成績:6着・3着・1着・2着
G1優勝:16回(2020年12月山陽スピード王決定戦)

※G1優勝の( )は直近の優勝開催。

12

ページの先頭へ

メニューを開く