TOP > オートレース > 浜松オートG2(4日目)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/10/09

Perfecta編集部

浜松オートG2(4日目)レポート

浜松オートG2(4日目)レポート

2021年10月9日
浜松オート(4日目)K-mix杯G2ウィナーズカップ

【9R=マスターズ準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

遠藤誠がスタートで10前を捕らえて機先を制するが、2番手に上がった有吉辰也が2周回で先頭に立つ。有吉が抜け出して、木村武之、中村雅人と外枠勢が追い上げる展開となり、5周回で中村が木村のインに入り2番手に浮上。リードを保った有吉が1着、2着に中村、3着に木村が入線した。木村の通算1000勝達成のメモリアルは最終日以降に持ち越しになった。


1着/有吉辰也(飯塚25期)競走タイム3.412
競走車名:キックアス ランク:S14
今節の成績:2着・1着・3着・1着
G2優勝:7回(2020年7月山陽・小林啓二杯)


2着/中村雅人(川口28期)競走タイム3.421
競走車名:KOモンソン ランク:S5
今節の成績:1着・4着・1着・2着
G2優勝:4回(2016年2月浜松・ウィナーズカップ)

**********

【10R=ライジング準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

単独0ハンの松尾彩が逃げていく。1周回で4番手に上がった金子大輔は3周回で松本やすし、丹村司、を抜いて2番手に上がると、4周回で逃げる松尾を捕らえて先頭。金子が準決勝戦で価値ある今節初勝利のゴール。2着に5周回で松尾をかわした松本が入り、健闘した松尾だったが3着で優出には届かなかった。


1着/金子大輔(浜松29期)競走タイム3.417
競走車名:サンクチュアリ ランク:S7
今節の成績:5着・5着・4着・1着
G2優勝:3回(2018年1月山陽・若獅子杯争奪戦)


2着/松本やすし(伊勢崎32期)競走タイム3.426
競走車名:オブセRMC ランク:S34
今節の成績:4着・3着・3着・2着
G2優勝:0回
G2優出:3回目(2021年6月伊勢崎・稲妻賞以来)

※G2優勝の( )は直近の優勝開催。

12

ページの先頭へ

メニューを開く