TOP > コラム

言い訳

コラム

2017/09/29

言い訳

G2「第33回共同通信社杯」(武雄競輪場)が9月19日に幕を閉じた。競走に対して妥協はせず、同じ関東同士でも競りを辞さない諸橋愛(新潟79期)が初のG2制覇を成し遂げた。彼の戦い方には賛否両論あるが、タイトルを獲った選手…続きを読む

日韓競輪

コラム

2017/09/17

日韓競輪

シェーン・パーキンス、マティエス・ブフリにテオ・ボス。ガールズケイリンではアナスタシア・ボイノワ、ロリーヌ・ファンリーセンら。短期登録制度で来日している外国人のスパースターたち、競輪ファンならば名前は知っているであろう。…続きを読む

世代交代

コラム

2017/09/09

世代交代

サッカーのワールドカップアジア最終予選で、日本は6大会連続で本戦出場を決めた。今まで分が悪かったオーストラリアを相手に完勝。当然のことながら、翌日のスポーツ紙はこの話題を大きく取り上げた。そこで目に付いたのが“世代交代”…続きを読む

ガールズケイリン VS 短期登録選手

コラム

2017/08/27

ガールズケイリン VS 短期登録選手

*写真左から ファンリーセン・ボイノワ・ハンセン・モートン 【ガールズケイリン参戦】 今年も短期登録制度で外国人女子選手4人が参戦。リオデジャネイロ五輪で、チームスプリント2位のアナスタシア・ボイノワ(ロシア)はすでに6…続きを読む

前代未聞

コラム

2017/08/18

前代未聞

地元・福島の渡邉一成が2度目のG1制覇を決めた第60回オールスター競輪(いわき平)。2011年の東日本大震災で、渡邉は故郷の双葉町から避難することに。最後まで避難区域に指定された被害の大きかった地区だけに、渡邉の想いは特…続きを読む

伊豆ベロドロームで競輪開催か!?

コラム

2017/08/07

伊豆ベロドロームで競輪開催か!?

先月末、一部で『伊豆ベロドロームで競輪開催』と、報じられた。250m屋内木製バンク。ケイリンでは主流だが、競輪は過去、行われたことがない。 「まさかベロドロームで!」と、耳を疑ったが、あながち夢物語ではなさそうだ。現時点…続きを読む

1 129 130 131 132 133 134

ページの先頭へ

メニューを開く