TOP > 自転車競技 > Jプロツアー2021第1-2戦・レポート

自転車競技

一覧へ戻る

自転車競技

2021/05/11

Perfecta編集部

Jプロツアー2021第1-2戦・レポート

Jプロツアー2021第1-2戦・レポート

日本国内のロードレースも2021年シーズンが開幕した。国内最高峰のレースシリーズJプロツアーは3月13日、兵庫県加東市にある兵庫県立播磨中央公園でのクリテリウムを第1戦としてスタート。昨年はコロナ禍にあり開催を見送ったが、今年は昨年の開催経験を踏まえ、感染拡大防止対策を徹底した上で、早々にシリーズ戦を開始することになった。

【第1戦】
今季より、参戦チームのラインナップや、移籍に引退もあり、選手たちの顔ぶれには少々変動があった。スタートラインでは、昨年、特に後半戦で無敵の強さを誇ったマトリックスパワータグなどの強豪チームがやる気をみなぎらせていた。


Jプロツアー2021シーズンが開幕。先頭には昨年の優勝チームマトリックスパワータグのジャージが目立つ

播磨中央公園でのJプロツアーは2011年以来10年ぶり。今回は1周3kmのコースを使用してのクリテリウムとなった。コースは、アップダウンとカーブが連続するタフな設定。この日は午前と午後に、第1戦・第2戦が開催される同日2レース開催の形となった。


兵庫県立播磨中央公園の特設サーキットは高台に位置し、景観もよい

第1戦は午前9時にスタート。20周60kmの設定だ。スタート直後からアタックと吸収が繰り返される。一時10名ほどの逃げ集団が形成されたが、TEAM BRIDGESTONE Cyclingがメイン集団のコントロールに乗り出し、レース中盤に全ての逃げを吸収した。
レース終盤になり、10名ほどの逃げ集団が形成され、メイン集団に10秒ほどの差をつけて先行。ところが、この差を開くことはできずに吸収されてしまう。


世界最高峰のレースシーンで実績を重ねてきたベテラン、フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)が優勝。レース勘、スプリント力は衰えを知らない

勝負は集団スプリントに持ち込まれた。最後に単独で抜け出したベテラン、フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)が優勝を決めた。


表彰式では、着順の表彰だけでなく兵庫県知事賞と加東市長賞が贈られた


プロリーダージャージは優勝したフランシスコ・マンセボが、U23リーダージャージは中島渉(弱虫ペダルサイクリングチーム)が獲得

結果、シリーズ戦の首位のライダーであることを示すプロリーダージャージはマンセボが獲得、若手選手の首位が着用するU23リーダージャージは中島渉(弱虫ペダルサイクリングチーム)が獲得することになった。

12

ページの先頭へ

メニューを開く