TOP > 自転車競技 > ツアー・オブ・ジャパン相模原ステージ

自転車競技

一覧へ戻る

自転車競技

2021/06/16

Perfecta編集部

ツアー・オブ・ジャパン相模原ステージ

ツアー・オブ・ジャパン相模原ステージ

先頭集団は、集団内の駆け引きや牽制でペースダウンし、メイン集団からの渾身の引き上げもあり、タイム差は3分強まで縮まっていた。谷との差が2分51秒以内、小石との差が2分57秒以内に収まれば、増田はリーダーを守ることができる。


小出(京都産業大)、仮屋(日本大学)、山本(キナンサイクリングチーム)らが小石を追う。若手の健闘も今大会の特徴だった

軽快な走りの小石には余裕があるかと思われたが、ラスト5km、追走から抜け出した山本が仕掛け、ホセとともに小石を捉えた。増田とのタイム差を開くほど、個人総合でジャンプアップを望める小石は1秒でも差を詰めるべくスピードアップに全力を賭け、ひた走る。個人総合、ステージ優勝、さまざまな思いが交錯する。小出、仮屋が追いつき、先頭は5名に。


全力でゴールを目指す小石


小石を捉え、5名となった先頭集団

全力で走ってきた小石が脱落、ステージ優勝争いは4名の戦いに。


ゴール勝負に向かう先頭集団


3名のスプリント勝負に


フェンス際から差し込み、勝利したホセ。山本の走行ルートについて、不満をぶつけていた

スプリント勝負に挑んだのはホセ、山本、仮屋の3名。先行したかに見えた山本を見事に交わし、フェンス際からねじ込んだホセが、僅差でステージ優勝をもぎ取った。(審議の結果、山本の走路妨害があったとし、降格となり、仮屋が繰り上げで2位になった)
すべてを個人総合のジャンプアップに賭けた小石は4位でフィニッシュ。だが、増田らは驚異の追い上げで、先頭との差を1分35秒まで縮めており、グリーンジャージを守り抜いていた。同集団で、2位のトマ・ルバ、3位の山本大喜(ともにキナンサイクリングチーム)もフィニッシュしており、個人総合上位3名の順位、タイム差に変動は生じなかった。逆転が期待された谷は1分06秒遅れでフィニッシュ、小石は1分31秒差の5位まで順位を上げる結果になった。


個人総合1、2位の増田、トマは見事にタイム差を縮め、上位の順位やタイム差には変動がないままだった

山岳賞は増田がキープ、ポイント賞はゴールポイントを25獲得したホセの手に移った。新人賞も留目がキープしている。


優勝したホセ

優勝したホセは表彰台で、前日よりコンディションもよく、後続集団との差もキープできたとレースを振り返った。「最後の最後まで勝てるかどうかはわからなかった」と語ったが、個人総合の順位が上位ではなかったため、動きやすく、チャンスがあるのではと思っていたという。ゴール勝負は審議がかかる形になったが、表彰台では終始笑顔だった。また、ポイント賞ジャージもあわせて獲得することになった。TOJのブルージャージを着るのは初だというホセは「ジャージの色に関わらず、特別なジャージを着られることはとても幸せです」と、にこやかに語った。


リーダーの座を見事に守った増田

グリーンジャージを守った増田は「『なんとか』(ジャージを)守り切った」と苦笑いで語った。「6分近くまで差が開き、正直厳しいかと思うシーンもあった」という。この日はチームメイトの落車もあり、助けを得られない局面もあったが、利害が一致するチームと協力しあい、タイム差を縮めることができたという。最終ステージはチームのスプリンターのステージ優勝も目指し、チームとして、リーダージャージを守り抜いていきたい、と力強く語った。
「短縮されたとはいえ、走る場を与えてもらい、幸せに思う」と増田らしく、大会関係者への感謝の言葉も忘れなかった。


各カテゴリーのリーダーたち。増田がグリーンとレッドを、留目(日本ナショナルチーム)がホワイトを守った。ブルージャージはホセの手に

新人賞を守った留目は「守り抜くことができました」と明るく語った。「チームとして、自分の地位を上げつつ、ステージ優勝をということになるが、チームで協力し合いながら、がんばりたい」とコメントを残した。

最終ステージは、東京大井埠頭の特設コースで開催。平坦でタイム差の付きにくいコースではあるが、増田を追うチームは個人総合順位の大逆転をかけ、また、スプリンターを擁するチームを中心に、一勝をもぎとるために、全力で挑んでくることが予想された。

***************

2021ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ相模原
【ステージ順位】
1位/ホセ・ビセンテ・トリビオ・アルコレア(マトリックスパワータグ) 2時間38分44秒
2位/仮屋和駿(日本大学)+0秒
3位/山本元喜(キナンサイクリングチーム)

【個⼈総合時間賞(グリーンジャージ)】※第2ステージ終了時
1位/増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 5時間16分11秒
2位/トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)+11秒
3位/山本大喜(キナンサイクリングチーム)+44秒

【個⼈総合ポイント賞(ブルージャージ)】※第2ステージ終了時
1位/ホセ・ビセンテ・トリビオ・アルコレア(マトリックスパワータグ)25p
2位/仮屋和駿(日本大学)20p
3位/小出樹(京都産業大学)15p

【個⼈総合⼭岳賞(レッドジャージ)】※第2ステージ終了時
1位/増田成幸(宇都宮ブリッツェン)15p
2位/トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)12p
3位/山本大喜(キナンサイクリングチーム)10p

【個⼈総合新人賞(ホワイトジャージ)】※第2ステージ終了時
1位/留目夕陽(日本ナショナルチーム)
2位/小出樹(京都産業⼤学)
3位/仮屋和駿 (日本大学)

【チーム総合成績】※第2ステージ終了時
1位/マトリックスパワータグ 15時間54分59秒
2位/キナンサイクリングチーム +5秒
3位/チームブリヂストンサイクリング +12分48秒

写真、画像提供: 2021ツアー・オブ・ジャパン

123

ページの先頭へ

メニューを開く