TOP > 自転車競技 > Jプロツアー第6戦「群馬CSCロードレース5月大会」

自転車競技

一覧へ戻る

自転車競技

2021/06/27

Perfecta編集部

Jプロツアー第6戦「群馬CSCロードレース5月大会」

Jプロツアー第6戦「群馬CSCロードレース5月大会」

JBCFサイクルロードシリーズのJプロツアー第6戦「群馬CSCロードレース5月大会」が5月15日、群馬サイクルスポーツセンターで開催された。JBCFサイクルロードシリーズの中には5つの開催カテゴリがあるが、今回は最上位のJプロツアーと、その下に位置するJエリートツアーのなかで最もレベルの高いE1クラスタの選手たちが混走する交流戦という形のレースとなる。距離は6kmサーキットを22周する132kmの設定だ。この日は、時折霧雨が降り、サーキットはひんやりとした空気に包まれていた。


スタートを待つ選手たち。赤いJプロツアーリーダーのホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)、白いU23のリーダージャージが湯浅博貴(EQADS)。Jエリートツアーのリーダージャージもこの最前列に並ぶ

Jプロツアー首位を示す赤いリーダージャージはホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)、白いU23首位のネクストリーダージャージは湯浅博貴(EQADS)が着用。Jエリートツアーでは、リーダージャージは松木健治(VC VELOCE)、U19リーダーは川田翔太(ボンシャンスACA)が着用している。


霧雨の中、レースがスタートした

レースがスタートし、数名の選手が飛び出した。ここから単独で先行した留目夕陽(JCF強化指定選抜チーム)に、沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、川野碧己(弱虫ペダルサイクリングチーム)、白川幸希(CIEL BLEU KANOYA)、小林弘幸(LEOMOBellmare Racing Team)の4名が合流、先頭集団を作った。5名は順調に周回を回り、5周目にはメイン集団に約1分差をつける。


集団を飛び出し、形成された5名の先頭集団。後方に追走の2名が

7周目に入ると、Jプロツアーで今季も圧倒的な存在感を見せているフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)と、大町健斗(eNShare レーシングチーム)が追走を始め、若手選手をメインに構成される先頭集団に合流する。


積極的に動いたJCF強化指定選抜チーム

ここに加わろうと石上優大(JCF強化指定選抜チーム)が追走を試みたが、合流は叶わず、メイン集団に戻った。差は1分30秒前後まで開く。後半に入り、シマノレーシングと愛三工業レーシングチームが集団前方に集まって牽引を開始、ペースアップを図り、先頭集団との差を縮めていった。


愛三工業レーシングチームとシマノレーシング(ともに青色のジャージ)がメイン集団の先頭に立ち、ペースアップを図る

12

ページの先頭へ

メニューを開く