TOP > 自転車競技 > JCLロードレースツアー2021第3戦レポート

自転車競技

一覧へ戻る

自転車競技

2021/07/19

Perfecta編集部

JCLロードレースツアー2021第3戦レポート

JCLロードレースツアー2021第3戦レポート

後方に戻った畑中と大喜は、粘る吉岡の後ろにぴったりとつき、ペースアップをブロック。巧妙なチームワークで先行する2名のフィニッシュをサポートした。キナンのワン・ツーフィニッシュはほぼ確定となった。


絶妙なタイミングで新城を連れて抜け出した畑中(ともにキナンサイクリングチーム)


先頭2名を追う吉岡直哉(チーム右京相模原)。完全復活も嬉しいニュースだ

連れ立ってサーキットを駆け抜けた先頭2名は、そのままゴールを目指す。吉岡を振り切って先行した畑中、山本大喜も先頭2名のすぐ後ろに控え、キナンの1-2-3-4フィニッシュが見えてきた。


横に並び、両手を挙げてフィニッシュする新城と山本元喜。後ろには大喜と畑中の姿が見える(すべてキナンサイクリングチーム)

先着を促された新城が、先にラインを越え、新城が優勝者となった。ほぼ横並びで山本元喜がガッツポーズでフィニッシュし、ほどなく、先行を促された大喜、畑中が3、4位でフィニッシュ。キナンが表彰台を独占する結果となった。


表彰台はキナンサイクリングチームのジャージで占められる結果になった

各賞リーダージャージは、このレースの結果を受け、総入れ替えされることになった。優勝した新城が個人ランキングトップのリーダージャージ、スプリント賞のリーダージャージを、山本元喜が山岳賞リーダージャージを獲得、3賞がキナンの手に渡ったのだ。新人賞リーダージャージは、この日 11 位に入った宇賀隆貴(チーム右京相模原)が獲得している。


個人ランキングトップのリーダージャージ、マイヨブリヤンを獲得した新城


各賞ジャージとスプリント賞、敢闘賞を獲得した選手たち

表彰台で新城は「個人的には、やっと勝てたレースだったので心の底からうれしい」と喜びを隠さない。「チーム全員がしっかりうまく走ってくれた。畑中選手が逃げの中でまとめる役割を負い、積極的に脚も使い、2 位、3 位となった山本兄弟(元喜、大喜)も最後まで脚を使い、逃げを小さくする動きをしてくれた。チームの誰が勝ってもおかしくないレースができた」と、うまく機能したチームワークを振り返る。「チームは引き続き後半に向け、攻撃的に走っていくので、引き続き応援よろしくお願いいたします」とファンたちへのメッセージを送り、インタビューを締めくくった。


地元企業がスポンサーとなり、各賞を提供。JCLのレースは様々な意味で地域の支援を受けて開催されている

キナンの巧みなレースさばきも圧巻だったが、事故で一時は歩行さえも真剣に危ぶまれるほどの大怪我を負った吉岡が、強靭な精神力で医者をも驚かせるレベルの復活を遂げ、最後まで単騎で粘る走りを見せたことも、注目に値する明るいニュースであっただろう。

***************

【結果】JCLプロロードレースツアー2021
第3戦広島トヨタ広島ロードレース 123km
1位/新城雄大(キナンサイクリングチーム) 3時間5分25秒
2位/山本元喜(キナンサイクリングチーム)
3位/山本大喜(キナンサイクリングチーム)+16秒
4位/畑中勇介(キナンサイクリングチーム)
5位/吉岡直哉(チーム右京相模原)+35秒
6位/谷順成(那須ブラーゼン)+1分26秒

【マイヨブリヤン(個人ランキングトップ)】
新城雄大(キナンサイクリングチーム)

【マイヨラファール(スプリント賞)】
新城雄大(キナンサイクリングチーム)

【マイヨエスポワール(新人賞)】
宇賀隆貴(チーム右京相模原)

【マイヨフイルージュ (山岳賞)】
山本元喜 キナンサイクリングチーム

【地元特別表彰 中間スプリント賞】
サイクルショップカナガキ周回賞(3周回目)沢田桂太郎(スパークルおおいた)
良和ハウス周回賞(5周回目)孫崎大樹(スパークルおおいた)
広島トヨタ周回賞(7周回目)小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

【敢闘賞】
谷順成(那須ブラーゼン)

画像提供:JCL ロードレースツアー(株式会社ジャパンサイクルリーグ)
三菱地所 JCL ロードレースツアー2021公式サイト

12

ページの先頭へ

メニューを開く