TOP > 競輪 > 防府G3(最終日)レポート

競輪

2020/11/03

Perfecta編集部

防府G3(最終日)レポート

防府G3(最終日)レポート

【6R=L級ガールズフレッシュクイーン】

1/柳原真緒(L1・福井114期)
2/佐藤水菜(L1・神奈川114期)
3/吉岡詩織(L1・広島116期)
4/山口伊吹(L1・長崎116期)
5/野本怜菜(L1・埼玉114期)
6/比嘉真梨代(L1・沖縄114期)
7/久米詩(L1・静岡116期)

まずは外枠から比嘉が勢い良く飛び出す。
しかし、7選手のシビアな位置取りで、号砲から1周回しても並びは整わず。

最終的に5・6・3・1・2・7・4で落ち着く。

赤板前、まずは6番手の位置から久米が上昇。

そして、久米が3番手の位置に収まり、やや久米と4番手の吉岡の車間が開いたところで打鐘を迎える。

2センターから吉岡が仕掛けるが、正攻法の野本も一気に踏み上げる。

野本の番手を比嘉が踏み勝って、死守する。

最終2コーナーを過ぎ、人気を集めた2人も仕掛ける。
柳原が捲り、佐藤も続いて、最終BSを通過。
しかし、すかさず内のスペースを久米が突く。

最後の直線、比嘉が野本の後ろから踏み込んでいく。
しかし、その外から久米も伸びる。

大接戦のゴール前勝負、微差で久米が勝利。
2着は惜しくも比嘉、3着には野本が逃げ残った。

優勝/久米詩(L1・静岡116期)
初手で佐藤さんの後ろになって、悪くないとは思っていました。
でも、自分から動いた方が良いなって。
詩織さんが先に仕掛けてくると思ったので、そこを押さえに。
詩織さんに出切られてしまうと、後方になってしまうので。
展開にも恵まれましたね。
最後はゴール線まで全力で踏みました。
お客さんの声が比嘉さんと私の名前を……比嘉さんの名前の方が多かったので、勝利の確信はなかった。
でも、検車場に戻って、同県の先輩方(柏木・菅原)に教えていただきました。
長澤さんが競輪祭のトライアルに出られないので、私が繰り上がり。
前走の久留米、今回のガールズフレッシュで良い流れが作れた。
昨年は梅川さんが勝って、トライアルでグランプリ出場を決めた験の良い大会ですし(笑)。
これからはもっと長い距離を踏めるように、もっと上位で戦えるように頑張りたい。


ドヤ顔は同県の先輩・菅原裕太(S2・静岡110期)に対するもの!?

***************


2着/比嘉真梨代(L1・沖縄114期)
Sを取るつもりが、野本さんがきた。
迷ったんですけど、風も強かったので、野本さんを入れました。
BSからいったけど、ちょっと車間が開き過ぎちゃっていたんですかね!?
あと少し足りなかった、私はいつ優勝できるんだろう???

***************


3着/野本怜菜(L1・埼玉114期)
悔しいですけど、出し切れたし、内容も悪くなかった。
3コーナーでは夢を見ましたけど、最後は垂れちゃいました(苦笑)。
確定板で、最低限の高配当には貢献できました。

12

ページの先頭へ

メニューを開く