TOP > 競輪 > 佐世保G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/12/19

Perfecta編集部

佐世保G3(3日目)ピックアップ

佐世保G3(3日目)ピックアップ

2020年12月19日
佐世保G3(3日目)開設70周年記念 九十九島賞争奪戦

【10R=S級準決勝】


1着/吉田拓矢(S1・茨城107期)
先行すると決めていましたし、結果、逃げることができて良かったです。
稲毛さんが突っ張ったので、1回、持っていった。
そこで松川さんがきてくれたから自分のペースでいけました。
セッティングを元に戻して、不安要素はない。
カミタクさんとは連携も多いですし、結果も相性も良いですね。


2着/神山拓弥(S1・栃木91期)
風も強かったし、打鐘から先行はキツイと思ったけど、ヨシタクが強かった。
ヨシタクがダメだったら、俺もダメでしたから。
余裕もあったし、誰がいつきても止められるって、抜けなかったけど(笑)。
やったー!今期、ようやく2回目の決勝、やっと記念の決勝に乗れた。
明日は獲っちゃうかも、きてるね。
うん、サンタさんがくるかも知れない(笑)。


3着/須永優太(S2・福島94期)
写真判定(3着)の結果はドキドキした。
同着では決勝に乗れない、負けていましたからね。
初めての記念決勝、本当に嬉しいです。
気配はあったけど、誰がきているかまでは……でも、内を締め続けることができました。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/新山響平(S1・青森107期)
先行したかったが、元砂さんのダッシュも良かった。
元砂さんとモガキ合うと、他のラインの捲り頃になるので立て直しました。
脚に余裕はあったので、車間が詰まったところで一気に踏みましたけど、後ろがつき難い走りだったのは反省ですね。
捲りで出し切れることは少ないので、脚の感じは良いと思います。


2着/村上義弘(S1・京都73期)
レース前も、レースでも勇雪が先行勝負するという強い気持ちを出してくれた。
和田君もヨコは強いからちょっと強引だったけど、内は見えていたので、何とかできた。
一時期は自分の身体が自分の身体じゃないような感覚だった。
でも、一つ、一つのレースで全力を尽くすことで取り戻していければ。


3着/山口泰生(S2・岐阜89期)
展開はああなるかなと、ゴチャついたことが自分には良かったです。
正直、状態は一時期より良くはないんですけど。
この開催もできる準備をシッカリしてからレースに臨んでいる。
明日もやれる準備をシッカリ。
こうして記念の決勝にも乗れる(熊本G3 in 久留米以来、2回目)ようになったので。
また、確変に突入したら良いんですけどね(笑)。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/山﨑賢人(S1・長崎111期)
後ろの先輩方を連れ込めなかったのが良くないですね、反省です。
三谷さんがズーッと、外を見ていたので、いき難かった。
でも、いかないと、でしたね。
自分の脚的には良いと思うので、2回目の記念優勝(2018年11月の取手G3以来)を狙います。
何よりも地元ですしね。


2着/小川真太郎(S1・徳島107期)
今日は出し切ってやろうという気持ち、集中していけましたね。
合わせて出るつもりだったが、あそこ(最終2コーナー)ならば自分でも保つかなと。
本当は1周くらいはいきたかったんですけど。
脚も良いと思いますし、決勝は山﨑君へ、抜かないという条件つきで(笑)。


3着/笠松信幸(S1・愛知84期)
遼平が頑張ってくれたおかげ、それに尽きますね。
G3決勝は8月の函館ナイター以来。
決勝は中近の3番手で。

***************

【最終日・12R=S級決勝】

1/山﨑賢人(S1・長崎111期)
2/吉田拓矢(S1・茨城107期)
3/村上義弘(S1・京都73期)
4/笠松信幸(S1・愛知84期)
5/小川真太郎(S1・徳島107期)
6/須永優太(S2・福島94期)
7/山口泰生(S2・岐阜89期)
8/神山拓弥(S1・栃木91期)
9/新山響平(S1・青森107期)

決勝の並びは
山﨑ー小川・吉田ー神山・村上ー山口ー笠松・新山ー須永の四分戦となる。

12

ページの先頭へ

メニューを開く