TOP > 競輪 > 大宮G3(最終日)レポート

競輪

2021/01/17

Perfecta編集部

大宮G3(最終日)レポート

大宮G3(最終日)レポート

2021年1月17日
大宮G3(最終日)東日本発祥72周年 倉茂記念杯

【12R=S級決勝】

1/平原康多(SS・埼玉87期)
2/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
3/清水裕友(SS・山口105期)
4/森田優弥(S1・埼玉113期)
5/東龍之介(S1・神奈川96期)
6/合志正臣(S2・熊本81期)
7/鈴木庸之(S2・新潟92期)
8/河野通孝(S2・茨城88期)
9/岩本俊介(S1・千葉94期)

平原が最内枠から飛び出す。
412・36・95・78の四分戦。

赤板2コーナー、まずは最後方から鈴木がふみあげる。

鈴木が中団の清水の横まできたところで打鐘。
そして、打鐘過ぎには鈴木が出切る。
しかし、すかさず岩本も叩いていく目まぐるしい展開。
そこで1度は引いた森田が4コーナー大外から一気にスパート。

森田の主導権で最終HSを通過。

最終1センター過ぎ、清水が捲りを放つ。

最終BS、清水は前団3車に迫り寄る、3コーナーから平原が番手捲り。
鋭いスピードの清水を平原と佐藤が捌きながら前へ踏む。

そして、4コーナーから出切った平原が後続を振り切っての1着ゴール。
2着は平原追走の佐藤、3着は3コーナーから内を突いた鈴木となった。

平原は大宮記念2年連続8回目の優勝を完全Vで決めた。

G3制覇は前走の立川記念以来、通算26回目。

優勝/平原康多(SS・埼玉87期)
作戦で前からということだったので、スタートでいきました。
仕掛けに関しては森田に任せていた。
森田は横の動きもできるし、全面的に信頼していましたよ。
ちゃんと“競輪”をしてくれる“競輪選手”ですから。
森田はカカっていたけど、清水のスピードも違いましたね。
躊躇(ちゅうちょ)してしまうと、いかれてしまうので、最後は踏ませて貰いました。
年末のグランプリでワッキー(脇本雄太)の後ろについて、考える部分、見つかった部分がある。
年明けからそれが良い方向に出ているのかなと。
ようやく競争が空くので、1度、気持ちをオフに。
全日本選抜に向けて、調子を上げていきたいですね。


2着/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
前の2人にお任せで、今日はついていっただけです。
3日間、車が伸びなかったけど、今日は良かった。
まぁ、その原因というのは分かっている。
自分の中で練習の計画を立てている中でのことだし。
昨年から度々、平原には世話になっていたし。
ワンツーを決められて、平原の地元での連覇を後ろから見られて良かったですよ。


3着/鈴木庸之(S2・新潟92期)
前を取ったら、何もできないかなって。
フタして叩けば裕友が駆けると、思ったんですけどね。
飛びつきも考えた、結果、どかしていれば優勝できましたね……もったいない。
ケガ(腰)でベッドで寝ている時からS級とA級のレースは全て観ていた。
そういうレースをしたいって。

ページの先頭へ

メニューを開く