TOP > 競輪 > 高松G3(最終日)レポート

競輪

2021/02/07

Perfecta編集部

高松G3(最終日)レポート

高松G3(最終日)レポート

2021年2月7日
高松G3(最終日)開設70周年記念 玉藻杯争覇戦

【12R=S級決勝】

1/町田太我(S2・広島117期)
2/平原康多(SS・埼玉87期)
3/守澤太志(SS・秋田96期)
4/眞杉匠(S2・栃木113期)
5/東口善朋(S1・和歌山85期)
6/瓜生崇智(S2・熊本109期)
7/松浦悠士(SS・広島98期)
8/阿部大樹(S2・埼玉94期)
9/松谷秀幸(S1・神奈川96期)

号砲一発、平原と阿部が勢い良く飛び出す。

関東3車の前受け、428・5・9・6・173で周回を重ねていく。

赤板1コーナー過ぎ、後団から町田が動く。
この動きを察知した眞杉もペースアップ、中団の単騎勢も引かない。

そして、9車の動きがハイピッチになったところで打鐘。

依然、眞杉の主導権でHSを通過。
町田も4番手の東口の外まで届いたが、力尽きてしまう。

しかし、松浦が自力に転じて、最終2コーナーから一気に踏んでいく。

最終BS、松浦の動きを警戒していた平原も番手捲り。
3コーナーで松浦が平原の番手を奪取。

最後の直線勝負、松浦は平原からブロックを受けながらも渾身のハンドル投げ。
松浦が差し切っての1着、2着は平原。
3着は中団で守澤とのもつれ合いを制した東口となった。

松浦は1月の岸和田G3 in 和歌山以来、通算8回目のG3制覇。
高松記念は昨年に続き、連覇となる。

優勝/松浦悠士(SS・広島98期)
筋肉痛(腹筋)が出るくらいキツかったですけど、同県の町田君の頑張りがあってこそ。
最後は気持ちで勝った感じです。
レース前、町田君には「結果は気にしないで、眞杉君と力勝負、良いレースをしてくれ」と。
本当は中団が良かったんですけど、単騎勢も入れてくれなかったですね。
眞杉君より町田君の方が力はあると、思っていたので、叩き切れるかなって。
でも、眞杉君も本当に気持ちを入れていた、それで厳しくなりましたね。
判断は良かったし、阿部さんもキツそうだったんで、平原さんの番手を取り切れた。
本当に苦しかったんですけど、町田君の頑張ってくれたんで、本当に最後は気持ちでした。
最後の平原さんは想定内の動きだったので、対応できました。
そして、走りやすい高松バンクが味方してくれましたね。
今開催は(連戦で)万全な状態とは言えなかったんですけど。
S級S班として走るからには結果は残さなければいけない。
それで決勝に上がることができて、優勝もできたので、次に繋がりますね。
2日くらいはケア、その後はシッカリ練習。
全日本選抜、ダービーと、万全の状態で迎えられるように頑張ります。

ページの先頭へ

メニューを開く