TOP > 競輪 > いわき平G3(最終日)レポート

競輪

2021/02/28

Perfecta編集部

いわき平G3(最終日)レポート

いわき平G3(最終日)レポート

2021年2月28日
いわき平G3(最終日)開設70周年記念 いわき金杯争奪戦

【11R=S級決勝】

1/飯野祐太(S1・福島90期)
2/森田優弥(S1・埼玉113期)
3/鷲田佳史(S1・福井88期)
4/庄子信弘(S1・宮城84期)
5/河野通孝(S2・茨城88期)
6/西岡正一(S2・和歌山84期)
7/隅田洋介(S2・栃木107期)
8/朝倉智仁(S1・茨城115期)
9/村田雅一(S2・兵庫90期)

号砲で内枠の飯野、森田、鷲田が積極的に飛び出していく。

北日本2車が前受け、14・7・825・936の並びとなる。

青板BS過ぎから村田が徐々に上昇。

村田が4番手の朝倉にフタをする形で赤板に入る。

朝倉が7番手へ引く形、14・7・936・825に隊列が入れ替わったところで打鐘。

最終BS、朝倉が巻き返しを図る。

風を切る飯野もペースアップで抵抗。
しかし、朝倉が強引に叩き切る。

最終BSで6番手の単騎・隅田が捲りを放つ。

森田も番手捲り、近畿の2番手・鷲田は隅田へ切り替える。

4コーナー、隅田が外へ浮き、内と外で計4車が落車のアクシデント。
隅田の後ろから直線で抜け出した鷲田が真っ先にゴール線を駆け抜ける。
落車をかわし、2着に庄子、3着には西岡が入線した。
アクシデントこそあったレースだったが、鷲田は嬉しい記念競輪初優勝。

(*新型コロナウイルス感染対策により表彰式はなし)
優勝/鷲田佳史(S1・福井88期)
F1優勝とは違う、G3優勝の実感はまだないですね。
F1でも2着ばかりだったので、こういう(優勝後の共同インタビューや写真撮影)のも慣れていない(苦笑)。
この決勝に乗れたことを喜んでいたくらいなので、自分自身でも「まさか!」という気分。
今日は村田君が優勝してくれたらという展開になればと、総力戦でいくという作戦でした。
隅田君のレインボーファイナル(昨年12月の佐世保)の単騎の戦いを見ていた。
村田君が内に詰まったので、隅田君につき切って、ゴール前勝負だと。
ゴールした時に村田君も落車していたのが分かって、それは本当に残念でした。
最後、ああいうトラブルはあったけど、自分なりに冷静に対処できたとは思っています。
家族はもちろんのこと、同期や応援して下さるファンの方々、近畿の選手たちに感謝。
これからも一戦、一戦を頑張っていきたいです。

ページの先頭へ

メニューを開く