TOP > 競輪 > 下条未悠(富山118期)選手コメント

競輪

2021/05/01

Perfecta編集部

下条未悠(富山118期)選手コメント

下条未悠(富山118期)選手コメント

下条未悠(L1・富山118期)選手コメント

下条未悠(富山118期)選手が、2021年5月より新たにスポンサード選手に加わりました!
積極果敢なレーススタイルを貫いて、昨年5月のデビュー以来2回の優勝。
以下、新チャリレンジャー・下条選手からのコメントです。
(※コメントは4月下旬のものです)

******************
まだ着が安定していなくて、お客さんからすると買いにくい選手かなとは思っているんですけど、デビューしてから自分のやりたい競走、積極的に力を出し切るレースはできている気がしています。
体格を活かしたレースをしたいと思っていて、児玉碧衣さんだったり、強い選手は逃げている選手が多い。自分もそこに憧れますし、頑張ろうと思っています。
武雄の初優勝は、決まり手が差しになりましたが、積極的に動いたから優勝できたと思いますし、その後の岐阜では、ちゃんと逃げ切って優勝することができたので嬉しかったですね!
でも、まだまだ強い選手に比べて、トップスピードだったり、脚力が足りていません。
しっかりと練習して補っていきたいです!
自分の魅力は、積極的なレース。そこがお客さんに少しでも伝われば良いなと思います。
大きな目標はガールズグランプリに出ること。
そのためには、1つ1つのレースを大事にしていくことが、今の自分の中での目標です。
積極的なレースでしっかり車券に貢献できるように、これからも頑張りますので、宜しくお願いします!

******************


下条未悠(ゲジョウ ミユ)
L級1班・富山118期
2000年10月20日生まれ
在所成績は19勝を挙げて5位
師匠は表大暁(富山・82期)
2020年5月に小倉競輪場でデビュー(5着・7着・1着)
2020年8月、武雄競輪場で初優勝を達成。
さらに10月岐阜では逃げ切りで2回目の優勝を果たした。

ページの先頭へ

メニューを開く