TOP > 競輪 > 【久留米記念】混戦制した吉田拓矢が2回目の記念V!

競輪

2021/06/29

Perfecta編集部

【久留米記念】混戦制した吉田拓矢が2回目の記念V!

【久留米記念】混戦制した吉田拓矢が2回目の記念V!

2021年6月29日
久留米記念G3(最終日)
開設72周年記念「第27回中野カップレース」

【12R=S級決勝】
1/山田英明(S1・佐賀89期)
2/岩本俊介(S1・千葉94期)
3/稲川翔(S1・大阪90期)
4/桑原大志(S1・山口80期)
5/香川雄介(S1・香川76期)
6/吉本卓仁(S1・福岡89期)
7/吉田拓矢(S1・茨城107期)
8/門田凌(S2・愛媛111期)
9/取鳥雄吾(S1・岡山107期)

■レース展開

誘導以下、9取鳥-4桑原、1山田-6吉本、2岩本、7吉田、3稲川、8門田-5香川で周回していく。まず門田が上昇開始して、赤板過ぎ1センターで前を抑えると、山田が仕掛けて打鐘で先頭に出る。九州ラインに稲川が続く。6番手に下げた取鳥は打鐘後にスパート。山田も踏み上げるが、取鳥が最終1センターで主導権を奪う。この中国ラインの仕掛けに乗ったのが吉田で、最終2コーナー過ぎから捲り発進。桑原のブロックを凌ぐと、直線で粘る取鳥を捕らえて優勝ゴール。大外を鋭く伸びた門田が2着、逃げた取鳥が3着に入線した。

【久留米記念・S級決勝結果】
2車単7-8 6,010円(29番人気)
3連単7-8-9 46,220円(190番人気)


吉田は昨年12月の佐世保以来、2回目の記念制覇となった


優勝/吉田拓矢(S1・茨城107期)
今回成績/特1着・二1着・準2着・決1着
次走出場予定/立川F1(7月8日~10日)
「初手で岩本さんの後ろになって、どうするかと思ったのですが、取鳥さんが仕掛けていったので、それに上手く切り替えられて良かったです。今は気持ち的にも楽に走れています。グランプリも少しずつ見えてきているので、これからも気を引き締めて頑張りたいと思います!」

12

ページの先頭へ

メニューを開く