TOP > 競輪 > 【小松島記念】捲り炸裂!太田竜馬が2回目の地元記念制覇

競輪

2021/07/04

Perfecta編集部

【小松島記念】捲り炸裂!太田竜馬が2回目の地元記念制覇

【小松島記念】捲り炸裂!太田竜馬が2回目の地元記念制覇

2021年7月4日
小松島記念G3(最終日)
開設71周年記念「阿波おどり杯争覇戦」

【12R=S級決勝】
1/小倉竜二(S1・徳島77期)
2/佐々木悠葵(S2・群馬115期)
3/山田庸平(S1・佐賀94期)
4/町田太我(S2・広島117期)
5/和田圭(S1・宮城92期)
6/中井太祐(S1・奈良91期)
7/小川真太郎(S1・徳島107期)
8/池田憲昭(S1・香川90期)
9/太田竜馬(S1・徳島109期)

3日目のレースレポートはこちら

■レース展開

誘導以下、2佐々木-5和田、6中井、3山田、4町田-8池田、9太田-7小川-1小倉で周回を重ねる。赤板前から太田が町田を警戒しながら上昇を開始していく。太田は赤板後2コーナーで佐々木をかわして先頭に立つと、後方から町田がスパート。町田は打鐘で太田を叩いて主導権を握っていくと、太田は3番手、6番手に山田、7番手に佐々木の隊列で最終HSを通過。太田は最終2コーナー過ぎに捲り発進すると、逃げる町田を最終3コーナー過ぎに捕えて先頭に立つ。直線では徳島ライン3車の争いとなり、太田が押し切って優勝ゴール。3番手から中を伸びた小倉が2着、小川が3着で入線。徳島ラインの上位独占となり、徳島勢が3年連続で地元記念制覇となった。

【小松島記念・S級決勝結果】
2車単9-1 6,380円(24番人気)
3連単9-1-7 12,320円(27番人気)


太田は2019年に次いで、2回目の地元記念制覇。G3は通算5回目の優勝となった


優勝/太田竜馬(S1・徳島109期)
今回成績/特4着・二2着・準3着・決1着
次走出場予定/函館G2サマーナイトフェスティバル(7月16日~18日)
「(作戦は)一回抑えて動きを見てからという感じでした。無理やり捲ったので、最後は差されるかなと思っていました。一杯でしたけど、力強く勝てたと思います。今回も絶対に徳島から優勝者を出したい気持ちで走りました。やるべきことはできたと思っています。地元記念を優勝できて、嬉しさでいっぱいですし、1回目の優勝の時とは嬉しさも違いますね。これからも今日のようなレースができるように頑張ります」

ページの先頭へ

メニューを開く