TOP > 競輪 > 【松阪記念G3】浅井康太が単騎捲りで地元V!

競輪

2021/09/12

Perfecta編集部

【松阪記念G3】浅井康太が単騎捲りで地元V!

【松阪記念G3】浅井康太が単騎捲りで地元V!

2021年9月12日
松阪記念G3(最終日)
松阪競輪開設71周年記念「蒲生氏郷杯王座競輪」

【最終日・12R=S級決勝】
1/浅井康太(S1・三重90期)
2/郡司浩平(SS・神奈川99期)
3/宿口陽一(S1・埼玉91期)
4/中本匠栄(S1・熊本97期)
5/守澤太志(SS・秋田96期)
6/木暮安由(S1・群馬92期)
7/清水裕友(SS・山口105期)
8/園田匠(S1・福岡87期)
9/平原康多(SS・埼玉87期)

3日目のレースレポートはこちら

参戦した守澤太志、平原康多、郡司浩平、清水裕友のS級S班4選手がしっかりと実力を発揮して決勝に進んだ今シリーズ。決勝は実力者が多数で、豪華メンバーの対戦が実現した。
S級S班の中でも特に注目を集めたのは欠場が続いていた郡司浩平。ここが7月サマーナイトフェスティバル以来の復帰戦だったが、初日特選を制すると二次予選も連勝、準決勝は捲り届かず3着も、手応えを感じながらの勝ち上がりとなった。
また、今年の高松宮記念杯で初タイトルを獲得した宿口陽一も準決勝を捲りで1着クリア。今後ますます増えるであろう平原康多との連携で決勝に挑む。
そして地元・中部地区からただ1人決勝進出を決めたのが浅井康太。決勝は単騎戦を選択して、細切れ戦をいかに立ち回るか、その動向が注目された__。
人気を集めたのは、初日特選でも連携してワンツーを決めた郡司-守澤のSSライン。関東連携で番手を回る平原の1着も支持を集めていた。

■レース展開
隊列は誘導以下、3宿口-9平原-6木暮、1浅井、2郡司-5守澤、7清水-4中本-8園田で周回。まず清水が上昇して赤板で先頭に立つと、すぐさま郡司も踏んで打鐘前に清水をかわす。打鐘から宿口が仕掛けると、郡司も踏んで両者の主導権争いとなる。この争いは郡司に軍配が上がり、マーク守澤が続いて、清水が3番手につける。最終HSでは最後方だった浅井だが、最終2コーナーから捲り発進。3番手の清水も最終BSから捲りを仕掛けるが、浅井が大外一気に前団を捲り切って優勝のゴール。直線鋭く伸びた園田匠が2着で、3着には郡司マークの守澤が入線した。


関東勢が前受けで、郡司-守澤ラインは初手中団から。


打鐘で宿口が仕掛けていく


最終HS、郡司が主導権を譲らない


最終BS、単騎の浅井が後方から捲りで差を詰める


浅いが捲り切って優勝ゴール。松阪記念は2012年の62周年以来、9年ぶり2回目の優勝となった。

【松阪記念G3・S級決勝結果】
2車単1-8 13,020円(36番人気)
3連単1-8-5 108,930円(8番人気)


浅井は昨年12月の別府記念以来、通算30回目のG3制覇を達成


優勝/浅井康太(S1・三重90期)
今回成績/特6着・二1着・準2着・決1着
次走出場予定/共同通信社杯G2(9月17日〜9月20日)

ページの先頭へ

メニューを開く