TOP > 競輪 > 【青森記念G3】佐々木雄一が記念初優勝!

競輪

2021/09/26

Perfecta編集部

【青森記念G3】佐々木雄一が記念初優勝!

【青森記念G3】佐々木雄一が記念初優勝!

2021年9月26日
青森記念G3(最終日)
開設71周年みちのく記念競輪「善知鳥杯争奪戦」

3日目のレポートはこちら

【最終日・12R=S級決勝】
1/佐々木雄一(S1・福島83期)
2/吉澤純平(S1・茨城101期)
3/深谷知広(S1・静岡96期)
4/坂本貴史(S1・青森94期)
5/東口善朋(S1・和歌山85期)
6/石毛克幸(S2・千葉84期)
7/東龍之介(S1・神奈川96期)
8/阿部拓真(S2・宮城107期)
9/上田尭弥(S1・熊本113期)

【レース展開】

3・深谷が先頭の南関東ラインが前受け。

北日本ラインが主導権取りで最終HSを通過していく

4・坂本、1・佐々木の北日本両者に5・東口、3・深谷が迫る

鋭く伸びた1・佐々木が記念初優勝のゴール

誘導以下、3深谷-7東-6石毛、8阿部-4坂本-1佐々木、2吉澤-5東口、9上田で周回。赤板前に吉澤が上昇をはじめ、赤板通過後に前を抑えると、単騎の上田も動いて先頭に立つ。阿部は深谷を牽制しつつ、打鐘でスパートして北日本ラインが先行態勢に入っていく。上田が4番手、5番手に吉澤、深谷が7番手で最終HSを通過。最終2コーナーから上田が捲りを打つが、阿部マークの坂本が番手から発進。坂本、佐々木が抜け出すと、東口善朋が差し迫り、大外からは深谷が捲り追い込む。直線勝負は、坂本後位から差し脚を伸ばした佐々木が優勝ゴール。2着に深谷、3着に東口で入線した。地元記念初優勝を目指した坂本貴史は4着に終わった。

【青森記念G3・S級決勝結果】
2車単1-3 8,700円(29番人気)
3連単1-3-5 48,340円(153番人気)
決まり手:差し-捲り


優勝/佐々木雄一(S1・福島83期)
今回成績/特6着・二1着・準2着・決1着
次走出場予定/松戸F1(10月6日~8日)

記念優勝は初なので、素直に良かったです。前の2人の頑張りのおかげです。上田君が来ていたので、そこだけしっかりとブロックしました。(ゴールは)深谷に一瞬、抜かれたと思いました。年齢も年齢なので、調子の波を大きくしないように練習するようになったので、それが好調の原因だと思います。また頑張りますので、応援よろしくお願いします。

→ルーキーシリーズ2021プラスのレポートは2ページ目をご覧ください。

12

ページの先頭へ

メニューを開く