TOP > 競輪 > 【四日市記念G3】坂井洋が記念初優勝!

競輪

2021/11/09

Perfecta編集部

【四日市記念G3】坂井洋が記念初優勝!

【四日市記念G3】坂井洋が記念初優勝!

2021年11月9日
四日市記念G3(最終日)
四日市競輪開設70周年記念「泗水杯争奪戦」

伊勢湾に面し、対岸にコンビナートを臨む臨海工業地帯に位置する競輪場。ベイサイドバンクとして親しまれている四日市競輪で開催された開設70周年記念「泗水杯争奪戦」は、ナイター開催として3回目(ベイサイドナイトドリームを合わせると5回目)を迎え、11月6日からの4日間で熱戦が展開された。注目の決勝は、有利にレースを進めた南関東ラインの番手・郡司浩平と古性優作の争いで好機が訪れた浅井康太が捲りを打つも、最後方からスパートした坂井洋が優勝をさらい、場内がどよめく結果で幕を閉じた。

3日目のレポートはこちら

【最終日・11R=S級決勝】
1/浅井康太(S1・三重90期)
2/郡司浩平(SS・神奈川99期)
3/稲垣裕之(S1・京都86期)
4/岩本俊介(S1・千葉94期)
5/東口善朋(S1・和歌山85期)
6/中村浩士(S1・千葉79期)
7/古性優作(S1・大阪100期)
8/坂井洋(S1・栃木115期)
9/内藤秀久(S1・神奈川89期)

【レース展開】

スタートで2郡司が飛び出し、誘導以下、4岩本-2郡司-9内藤-6中村、7古性-3稲垣-5東口、8坂井、1浅井で周回していく。赤板前から古性が上昇を開始すると、南関東ラインはこれを突っ張り、後方では浅井が坂井の内をすくってポジションを一つ上げる。南関東ラインに対して古性は番手に追い上げ、郡司と並走の形で打鐘を通過。郡司は打鐘過ぎ2センター付近で古性を捌いて番手をキープすると、古性は4番手の位置に入る。古性は最終2コーナーから再度仕掛けると、最終BS過ぎに郡司は岩本の番手から捲りで合わせて抜け出していく。そこに最終1センター8番手から捲りを打った浅井が大外一気のスピードで襲いかかり、坂井洋も捲りで続いていく。郡司は浅井を牽制しつつ、直線はこの3車の大接戦。3車横並びのゴール前勝負で、軍配が上がったのは大外を伸びた坂井。2回目の記念決勝で、見事に初優勝を達成。2着に浅井、3着に郡司が入線した。

【四日市記念G3・S級決勝結果】
2車単8-1 2,870円(11番人気)
3連単8-1-2 12,870円(37番人気)
決まり手:捲り-捲り


優勝/坂井洋(S1・栃木115期)
今回成績/一1着・二4着・準1着・決1着
次走出場予定/小松島F1(11月14日~16日)

まだ実感はありませんね。今日は展開次第でチャンスあるとは思っていました。とにかく落ち着いて、いけるタイミングでしっかりと仕掛けてという感じ。本当は自分が先に仕掛けて、浅井さんと勝負したかったというのはありましたが、すくわれて逆になってしまったので。前もすごい煽りでしたし、すぐ反応できなかったけど、仕掛けないといけないと思って仕掛けました。1着取れてよかったです。(昨日のイメージがあって)とにかく起きる時間やローラーに乗る時間も同じにしました。ひとつルーティンができた感じです。これからも一開催、一開催でしっかりと成績をまとめて、点数も上げていきたい。調子を保って、しっかり練習して、ヤンググランプリに備えて頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

ページの先頭へ

メニューを開く