TOP > 競輪 > 【競輪祭】吉田拓矢がGP初出場を掴むG1初制覇

競輪

2021/11/24

Perfecta編集部

【競輪祭】吉田拓矢がGP初出場を掴むG1初制覇

【競輪祭】吉田拓矢がGP初出場を掴むG1初制覇

\小倉競輪祭(最終日)注目レースピックアップ/

激戦の連続だったシリーズ最終日のレースから編集部が注目レースをピックアップしました。

【最終日・5R=選抜】

2日目の落車を乗り越え、連に絡む走りで開催を終えた
2着:香川雄介(S1・香川76期)

前に出てから、石原(颯)が強かったですね。(ゴール前は)スピードを合わされて抜けないかと思いました。最後(福島)武士に押される感じがありました。落車のことは気にしない。でも良かったです。自分自身、見直さなければいけない部分もあって、このままでは淘汰されていくのでどうにかしたいです。

【最終日・8R=特選】

力を出し切る競走で逃げ切り
1着:岩本俊介(S1・千葉94期)

自分のペースに持ち込むには最高の展開でした。自分は力を全部出し切った方が、結果的にいい方向に向くので、改めて再確認した開催でした。なぜか知らないですけど、若い時より最近の方が強いような気がするんです。滝澤(正光)先生が仰っていましたが、やり始めたところからが競輪年齢。自転車を始めて13年くらいになりますが、やっと道具の使い方がちょっとだけ掴めてきたのかなという感じがします。

***************
【2021年ビッグレースのプレイバック】
10月寛仁親王牌(平原康多)
9月共同通信社杯(山口拳矢)
8月オールスター競輪(古性優作)
7月サマーナイトフェスティバル(松浦悠士)
6月高松宮記念杯競輪(宿口陽一)
5月日本選手権競輪(松浦悠士)
3月ウィナーズカップ(清水裕友)
2月全日本選抜競輪(郡司浩平)

12

ページの先頭へ

メニューを開く