TOP > 競輪 > 【ガールズグランプリ】高木真備が初制覇!

競輪

2021/12/28

Perfecta編集部

【ガールズグランプリ】高木真備が初制覇!

【ガールズグランプリ】高木真備が初制覇!

2021年12月28日
静岡競輪 KEIRINグランプリ2021シリーズ(初日)
ガールズグランプリ2021

【初日11R=ガールズグランプリ2021】
1/児玉碧衣(L1・福岡108期)
2/小林優香(L1・福岡106期)
3/石井寛子(L1・東京104期)
4/小林莉子(L1・東京102期)
5/高木真備(L1・東京106期)
6/尾方真生(L1・福岡118期)
7/坂口楓華(L1・京都112期)

【レース展開】

誘導以下、3石井、5高木、4小林莉、6尾方、1児玉、7坂口、2小林優で周回。打鐘で7番手かの小林優が動くと、そのまま石井を叩いて先行態勢に入っていく。最終HSで尾方も仕掛けるが、これは不発。小林優の先行を最終BS3番手から高木が捲り発進。高木はスピードよく小林優を捕らえて先頭に躍り出る。高木には小林莉が続き、さらに6番手から児玉が迫る。そのまま高木は後続を振り切ってガールズグランプリ初制覇のゴール。2着は差し迫るも小林莉、4連覇がかかっていた児玉だったが3着に終わった。

【ガールズグランプリ2021結果】
2車単5-4 7,680円(19番人気)
3連単5-4-1 37,090円(75番人気)
決まり手:捲り-マーク


優勝/高木真備(L1・東京106期)
次走出場予定/取手F1(1月10日~12日)

本当にガールズグランプリで優勝したいという思いだけでずっとやってきたので、達成することができて嬉しい気持ちです。昨年は緊張しすぎてしまって思うように走れなかったので、今年は楽しんで走ろうということだけ考えて走りました。優香の先行は、予想外だったのですが、落ち着いて対応できたので良かったと思います。(最終BS手前)後ろからの仕掛けがなかったので、思い切って行けて良かったです。とにかく全力で踏みました。勝てない時期もあったのですが、たくさんの方が応援してくださって、ここまでこられたので、感謝の気持ちで一杯です。(来年は)ビッグレースでたくさん優勝して、またこの舞台で優勝できるように頑張りたいと思います。デビューした時から、勝てない時期もたくさんあったのですが、変わらずに応援していただいたおかげで夢を叶えることができました。本当に、ありがとうございました。そして、私が強くなれたのは、練習をみて下さっている高木隆弘さんのおかげなので、早く会って報告をしたいです。

***************
【寺内大吉記念杯/10R特選】


1着/諸橋愛(S1・新潟79期)

久しぶりの1着なので、すごく嬉しいです。競輪祭の後1ヶ月あいて底上げできたので余裕もありました。本当にラインで決まって、ワンツーできるのが競輪の醍醐味かなと思います。明日、明後日とお客さんも増えてくるともうので、しっかり頑張りたいと思います。残り2日間、連に絡めるように頑張りますので応援してください。

ページの先頭へ

メニューを開く