TOP > 自転車ライフ > Biki〜オアフ島で人気のシェアサイクル

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2019/02/13

Perfecta編集部

Biki〜オアフ島で人気のシェアサイクル

Biki〜オアフ島で人気のシェアサイクル

見る限り、国籍を問わず、多くの観光客が時間を問わず使用している。バスやトロリーを使うのは、ダイヤを調べたり、待ち時間があったりと、面倒も生じる。かと言って、レンタカーを使うとなると、料金も駐車場代も高く、気楽に5km圏内の移動に使おうという環境ではない。
一方、自転車ならば、自分たちのタイミングで移動可能。シェアサイクルは移動の度にポートへ返却するため、駐輪場の確保や盗難の心配もない。しかも移動中も観光を楽しめるというメリットも魅力的だ。

街中でbikiを利用する観光客の姿を見掛ける

シェアサイクルの登場により、これまではワイキキだけで食事や買い物を済ませていた観光客たちが足を伸ばして出かけることもできるようになってきた。ワイキキは物価が高いが、中心街を少し離れたら、食事の値段も格段に下がる。ダイアモンドヘッドやハワイ大学、アラモアナやダウンタウンなど、歩くには遠かったエリアもBikiを使えば、ごく簡単にアクセスできる。この動きを受けてなのか、数km圏内に個性を打ち出したオシャレなカフェスペースも確実に増えてきているように感じる。

ハワイらしい鮮やかな水色の車体は街を走っていてもよく映え、景観を害することもない。今年は全台が出払ってしまうポートもあるくらいに稼働しており、車体管理車が自転車の調整に動き回っているようだった。

この流れを受けてか、地元の方の自転車利用も、観光客向けのレンタサイクルも増え、街中で自転車を見る機会がとても増えた。

e-bikeを使ったサイクリングツアーも開催されている

ただ、ハワイでは厳しく禁止されてきたはずの歩道を走る自転車が増えてしまい、不意に後方から自転車が迫ってくることもあり得るので、安心して歩道を歩けなくなってしまったという弊害もある。

逆走の自転車まで遭遇したが、見る限りは右側通行の国の方々であり、自国では歩道走行しているということもないだろう。恐らくは日常的に乗っていない方がハワイで自転車に乗り、みんながなんとなく歩道を走り始めたものと思われるが、にわかに登場したエリアでのルール周知の難しさも同時に悟らされることになった。これは今後の課題だろう。

路面のヒビ割れがひどく、自転車の転倒も少なくなかったノースショア。同じく路面が荒れ、パンクするケースもあったフリーウェイ上のバイクレーンなども再舗装が進み、ストレスなしに走れるようになった。近年、オアフ島のサイクリング環境は劇的に向上している。
何しろ景色は最高!ロングライドしても爽快で、多くの立ち寄りポイントを巡り、ユックリと自転車で散策しても楽しいだろう。自転車を走らせることでお腹も減るから、ハワイのグルメもさらに美味しく感じられるようになる。今後、もっともっとハワイで自転車が盛んになり、自転車観光の環境が整えられることを期待したい。

123

ページの先頭へ

メニューを開く