TOP > 自転車ライフ > 北海道・北見グルメライド

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2020/10/23

Perfecta編集部

北海道・北見グルメライド

北海道・北見グルメライド

ハッカで気持ちもさらにスッキリしたところで足取りも軽く再スタート。ここからは東へ進み、常呂川沿いの堤防上を走って行こう。堤防上からは緑に包まれた常呂川の広大な河川敷の風景が広がっていた。走るにつれ、中心街が遠のいていき、静かになっていく。最高の開放感の中、爽快なライドを楽しめる。これだけの景観を独り占めできるとは。草原の広がりや遠くの山々、豊かな緑を楽しみながら端野の街を目指す。

常呂川の河川敷を走る、北海道の清涼な空気の中で空が広い
広がりのある景観の中を走れば、サイコーの開放感を味わえる

6kmあまりのライドを楽しみ、堤防を降りて端野市街地へ。ここで立ち寄るのは『菓子工房 Shiga(しが)』だ。こちらも洋焼き菓子、生ケーキに加え、あんを使った和スイーツも得意とするスイーツ店。さらにソフトクリーム、その場でクリームを詰めてくれるサクサクのコロネやシューも人気が高い。

駐輪場も用意された『Shiga』(画像はイベント開催時のもの)

カフェが併設されており、購入した菓子をケーキセットにしたり、デザートプレートなどのメニューもオーダーできたり、ユッタリしながら絶品スイーツを楽しむこともできる。

その場でクリームを詰めて、外はサクサクのまま味わえるコロネやパイシュー
人気が高く、早い時間に売り切れてしまうことも多い(写真のフレーバーは2019年秋のもの

時間の関係でケーキは断念し、店舗で焼き上げるフワフワのワッフル生地に限界に近いレベルまでフィリングをたっぷり挟んだワッフルを購入。これだけ分厚く、重いワッフルは日本広しと言えども、他にはないのではないだろうか。お値段は240円程度(フィリングにより異なる)と、コスパも最高。

『Shiga』のワッフルは重さに驚く程、タップリのフィリングが挟まれているが、甘さは控
え目で、不思議なことにサラッと、食べられてしまう

中に挟まれたあんは水羊羹を思わせるようなサッパリとして、瑞々しいこしあん。くどさがなく、甘過ぎないので、ペロッと、食べられてしまう。パサつきがないので、ライドの途中でも食べやすい。このボリューム感は間違いなく病みつきになるだろう。
尚、この日は他にチョコやカスタード、この季節の限定フレーバーであるオレンジ入りカスタードが並んでいたが、どのフィリングもこの量を挟み込む前提で作られているので、しつこさがなく、絶妙な美味しさだ!
スッカリ満ち足りた気持ちで『Shiga』を出発。あとはゴールとなるJR北見駅を目指すのみだ。国道39号で5.8km。国道に比べれば交通量の少ない道がほぼ並行して伸びており、碁盤目に近い形で区画が仕切られているため、どの道を選んでも迷いにくい。好みの道を選びながら北見駅を目指しても良いだろう。また、堤防上を走るのも選択肢の一つだ。

端野には走って気持ちの良いエリアが広がっている

快調にバイクを走らせて、遂にゴール!
美味しいご褒美だらけのライドになったけれども、様々な風景も楽しめて、濃厚な時間になった。北見のグルメの質と底力には驚かされるばかり。
この日はグルメライドに徹したが、レンタサイクルを1日契約として、ここから女満別空港まで走って、空港で返却することも可能。北見を含むオホーツクエリアは広大で、たくさんの魅力が広がっている。レンタサイクルを使うことで様々な楽しみ方ができそうだ。また近いうちにこの土地を楽しんで、レポートする機会があることを願っている。

画像:編集部・サイクルアドベンチャーオホーツク推進協議会 提供

1234

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く