チャリロト関係者 スーパースター王座決定戦 徹底大予想! スーパースター王座決定戦 川口オートレース

今年も1年ありがとうございました。

2020年最後のビッグレースをチャリロト関係者が大予想!

予想印

車番 選手名 矢作 熟知王 ARISA 森泉 A主 早川 データ班 編集長
1 青山周平
2 荒尾聡
3 早川清太郎 ×
4 鈴木圭一郎
5 伊藤信夫 ×
6 佐藤摩弥
7 金子大輔 × ×
8 佐々木啓 × × × ×

予想印

車番 選手名 矢作 熟知王 ARISA 森泉 A主 早川 データ班 編集長
1 交川陽子 × ×
2 稲原瑞穂 ×
3 高橋絵莉子 × ×
4 吉川麻季 × ×
5 田崎萌
6 藤本梨恵
7 片野利沙
8 岡谷美由紀

矢作公一の予想

元プロ野球選手。立教高?立教大?日本ハム(89~92年)。東京六大学リーグ通算17本塁打は歴代7位、ドラフト6位指名で日本ハムに入団。現在は野球塾、少年野球、高校野球の指導者として活躍。オートレースの大ファンであり、Perfecta Navi「winning Auto Race」で、グレードレースを中心に予想を公開中!

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①-②③④-②③④⑧(9点) ③④-①-②③④⑧(6点)

1青山がポイント1位で、最初に選んだ最内枠。 トップスタートからの押し切り勝ちを狙ってくる意思の表れとみて軸に推したい。 どの選手もスタートに『全集中』で来るだろう。 そうなると、捌きの腕と接戦時の経験がものを言うはずで、相手には3早川と4鈴木。この2人だけは、青山を脅かすことができるのではないだろうか。 あとは2荒尾。スタート巧者な上に、大舞台でこそ力を発揮するタイプなので上位争いも可能だ。 8佐々木はギリギリでのトライアル出場で王座戦もギリギリでの出場。大外枠で厳しい位置だが、この運を味方につけて何か起きれば3着ならあるか。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑦-⑤⑥⑧-②⑤⑥⑧(9点)

同ハンデスタート先行から、地元の7片野が決めるとみた。 連下は、まず3人。 機力はいいもののスタートが遅い内側の4吉川なら、先に出られて展開のいい10mハンデの5田崎と6藤本。そして、片野について回る8岡谷。 試走以上に本走の足がいい2稲原の逃げも3着なら粘れそう。

熟知王の予想

『車券職人』塾長兼Youtuber。チャリロト劇場『燃えろ!!オートレース』出演中。車券だけの生活で生計立て13年。2年前から始めた「車券職人養成塾」は、利用者300人を突破。1日の最高益額は3,400万円で、ギャンブルの酸いも甘いも熟知している。

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①③④ボックス(6点) ③④-①-⑤⑦⑧(6点) ①-③-⑦⑧(2点) ①-④-⑧(1点)

スタートは、1青山、6佐藤、4鈴木の争い。3早川から6佐藤までの並びは3日目11レースと全く同じである。この時、佐藤が1車身以上突き放しており、ここも飛んで来る。そうなると、1青山に展開が向くので、1青山に本命◎。もし、4鈴木が突っ張ると、ここは俄然、4鈴木が有利に。2日目の上がり3.310は圧巻。青山が先頭に立って、初日は早川に、3日目は永井に1度インから差されている事を考えると、少し青山には機力面では不安を感じるので、ここは鈴木に優勝のチャンスだ。3早川はここまで1着はないが、機力は充実している。優勝戦は得意のナイターの時間帯であり、展開次第では優勝のチャンスはありそうだ。6佐藤は、4日目落車でフレーム交換。中々仕上げるには厳しい戦いになりそうだ。ただ、スタートは切れているので、7金子、8佐々木を連れてくると面白い展開になりそうだ。この外枠2人、いつも以上にスタート切れている印象。実に不気味だ。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑧-⑤⑥-④⑤⑥⑦(6点) ⑧-④⑦-⑤⑥(4点) ⑥-⑧-⑦④(2点) ⑤-⑧-⑦(1点)

本命◎は8岡谷。近況上がりタイム安定し、ここ川口は好相性。タイヤでも上積みありそうでここは頭から。 対抗○は6藤本。以前7片野と同ハンデで戦っていたことを考えると、位置的有利。前回最終日でドドドもなくなったとの事。岡谷の逆転を狙うなら、ここか。 穴は4吉川。スタートムラだが、後半の捲り足は光る。0線は3高橋が先行し、混戦も予想されるので、8番手からでも大捲りを期待したい。

ARISAの予想

静岡県出身。オート大好きニコ生MC。2016年に初めてオートレース場へ行き、オートレースの魅力に引き込まれる。2018年ニコニコ生放送 チャリロトオートレースの番組アシスタントとして出演。好きな選手はスタート巧者とインファイター。車券は10点以内で中穴配当狙い。現在、チャリロト劇場『燃えろ!!オートレース』に出演中。

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①-②③④-②③④(6点) ①-④-⑤⑦⑧(3点) ④-①-②③⑦⑧(4点) ③-①-④⑧(2点)

本命は1青山選手。トライアル戦4日間を通して安定した走りで、どこか余裕も感じられる。昨年の王座決定戦でも1枠からトップスタートを切り、道中追ってきた早川選手を抑えての優勝だった。トライアル戦3日目に永井選手と競り合い結果は2着だったものの、4日間のレース内容は素晴らしく大会連覇も十分考えられる。 対抗は4鈴木選手。初日から3連勝だったが、不安定走路に苦しみ4日目は5着だったものの、良走路なら良さそうだ。青山選手とのスタート争いに注目。枠番選択2番目に4枠を選んだところ、やはり4枠からのスタートに自信があるのだろう。トップスタートからの独走態勢となれば優勝も見えてくるが、スタートで後手を踏むとなると、レース足がないと3日目にコメントをしていたので、捌いていくのは厳しいかと思われる。 3早川選手はエンジン状態良さそうだがスタート後、序盤の位置取りが鍵。9月のプレミアムカップ(8周戦)では、スタート後に青山選手の後ろに付け、残り2周でインに突っ込み優勝と青山選手に勝っている。序盤の位置次第で、10周回どこかで見せ場を作って優勝のチャンスもあるだろう。 状態はもう少し上積みが欲しい2荒尾選手。大きく整備をしてその成果に期待。川口の内枠スタートは有利と言っていたので、荒尾選手のスタートにも注目だ。 0mオープンの大外、厳しい位置の8佐々木選手だが、4日目に外枠から良いスタートを切っている。エンジン状態は良いので3着には追ってきそうだ。 印は回らなかったが、落車があったものの、超抜スタートを切っていきそうな6佐藤摩弥選手。昨年も7枠から勢いあるスタートで見せ場を作った。摩弥選手のスタートに乗って行った時の7金子選手も気になるところだ。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑧-⑤⑥-③⑤⑥⑦(6点) ⑤⑥-⑧-③⑤⑥⑦(6点) ⑤=⑥-⑧(2点) ⑥-⑦-⑧(1点)

本命は8岡谷選手。ガールズトライアル戦2着・1着・1着と平均競走得点1位で予選を通過した実力と捌きに期待。2節前の川口でも連に絡んでおり、近況の調子も悪く無いだろう。スタートは7片野選手に先行されると思うが、道中、冷静に捌いていきそうだ。 対抗はチャリレンジャーの6藤本選手。今年はあまり結果を残せずハンデが前に下がってしまったが、このハンデ位置を生かして早めに先頭に立てれば、2代目女王のチャンスあるだろう。 10月に地元伊勢崎で初優勝を飾った5田崎選手。スタート切れており、前節の伊勢崎初日に試走タイム3.29を出し、優勝戦2着と車の状態も安定して良さそうだ。ハンデ10からトップスタート行ければ展開が向くだろう。 そして、ガールズ王座初代女王のチャリレンジャー7片野選手。位置は厳しいが、初代女王の走りに期待。ハンデ10m前の田崎選手、藤本選手を道中で早めに突破できるかが鍵である。 昨年の初代ガールズ王座では2着と粘る走りをした3高橋選手。0ハンデの3車並び大外からのスタートだが、好スタートを切れば逃げの展開なので、今年も粘る可能性があるだろう。

森泉宏一の予想

生まれは東京、育ちは広島・富山の千葉県民。2009年、ボートレース実況でアナウンサーデビュー。2017年からはオートレース実況も始める。車券的に好きな選手は、ハンデ戦で逃げが得意な選手。配当的にも1番車絡みの車券を買いがち。現在、Parfecta Naviにて『森泉宏一の実況天国』を連載。チャリロト劇場『燃えろ!!オートレース』にゲスト出演中。

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①③-①③④-①②③④⑤(12点) ④-①-②③⑤(3点)

まず初めに、今年も文字数が多くなってしまったことをお詫び申し上げます(笑)。書きたいことが多く、まとめられないくらい、この大一番が楽しみなのであります。 さて、年末の総決算。その結びの一番の本命は1青山選手。No1を背負った2020年。SGタイトルはないものの、グランプリのスーパーハンデ等、No1にしかできない役割で、ファンを魅了。昨年同様、1枠から好スタートを決め、内をしっかり抑える走りを見せる。総合的に不安要素を上げる方が難しい。 3早川選手は代名詞の追い込みだけでなく、シッカリとスタートも決めてくる等、相手にとっては更に脅威の存在に。初日も強烈スタートから青山選手と激戦を演出。昨年も終盤にインパクトある追い込みを披露。今年こそ青山選手にリベンジを。悔しい思いはもう十分。時はきた。機は熟したはずだ。 4鈴木選手は、良走路3連勝と問題なさそう。ただ「跳ねが解消しない(3日目)」というコメントも。その分、スタートに集中したいが、内の青山選手が先行と見て。更に昨年大会の8番手スタートが頭をよぎり3番手評価に。 2荒尾選手は、青山選手のスタートに乗り、インコース有利にレースを運びたい。ただ「大きな整備を考えないといけない」というコメントから、どこまで上積みできているか。 今年のSGグランプリ優勝と同じ枠番となった伊藤選手。鈴木選手がトップスタートの場合は、そこに乗って好位置につける可能性も。 印はないが今年も注目したいのは、昨年の予想記事で「穴」と書いて「夢」と読んだ6佐藤摩弥選手。昨年は決定戦進出で新たな歴史を作り、ファンの期待に大きく応えた。そこから更に進化を遂げ、トータルで安定感が増した印象。4日目の落車でフレーム等を交換しなくてはならず厳しい状況だが、昨年は7枠からスタートを決め、レース序盤を盛り上げた。今年もスタートから湧かせてほしい。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑧-⑤⑥⑦-①②⑤⑥⑦(12点) ⑤-⑧-①⑥⑦(3点)

今回で2回目を迎えるガールズ王座決定戦。チャリレンジャー2名も出場。俄然注目が集まる中、本命は8岡谷選手。今年はSGオーススターで準決勝戦メンバー入り。さらには夏前に5連勝を果たすなど、留まることなく進化を遂げている。ここはしっかりと捌くと見た。 対抗は7片野選手。初代女王は近況、白星や連絡みはあるものの、7番車からの捌きとなるとやや疑問符が。ここは2、3着で。 3番手に6藤本選手。片野選手とは先日の伊勢崎準決勝戦で対戦。ハンデは前だったが、道中のミスで片野選手に屈する形に。条件や枠番は違うが、その日の走りを見るとどうか。ただ川口走路は17年SSシリーズ戦で準優勝の実績ありで、本人のイメージは悪くはないはず。ハンデ的にもチャンスがあり、スタートはしっかり枠は出ていける選手。 穴目で狙いたいのは、5田崎選手。今年は地元伊勢崎のアフター6でデビュー初優勝。先日の伊勢崎では試走タイム3.29を叩き出すなどスピードもついてきた印象。今年は女子戦でも強さを発揮しており、後ろが来る前に早め先頭から押し切り狙いたい。 1交川選手は今年大きく成長を見せた1人。スタート残して序盤スピードに乗れれば逃げ切りも期待したい。印は回りませんでしたが、2稲原選手は秋頃から1着本数が増え、期待していましたが、ここにきて少しトーンダウン。しかし秋の勢いが戻って来れば波乱を巻き起こすこともできそう。

A主の予想

ニコニコ生放送チャリチャンの制作配信スタッフを2013年から8年に渡り担当。現在もチャリロト場を中心にチャリチャン継続中。他にe-SHINBUNチャンネルも担当。

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①-②③④⑧-②③④⑧(12点)

トライアル得点1位の1青山がスタートをきっちり残して後は逃げるだけのレースになるのだろうか? 2荒尾が枠なりに2番手スタートで後ろを止めて、次位争いの混戦を演出する可能性も高く、展開も1青山に向くと見て、1着固定で買いたい。トライアル4日間で7枠3回8枠1回と外枠ばかりだった8佐々木、この悪条件は機力、スタート力ともに高いレベルにないと克服出来ないと考え、2着3着の穴として期待してみた。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑧-⑤⑥-⑤⑥⑦(4点)

競輪のガールズグランプリより一足早く開催されるスーパースターガールズ王座決定戦。 8岡谷がハンデ10軽化したのであれば素直に信頼し、ここは1着固定で買いたい。 相手は0線各車では誰が逃げても近況では時計が物足りないので、10線ではトップスタート濃厚な5田崎とそれに続く6藤本。 7片野は、10前の田崎、藤本の両者を共に捌くまでは厳しいと見て3着までにし、点数を絞って勝負したい。

早川里香の予想

2017年に伊勢崎オート『グリッドガールズ』の6号車としてデビュー。昨年は7号車、現在は8号車を担当。2019年8月からチャリロト劇場『燃えろ!!オートレース』にゲストとして出演し、予想する面白さを学び、自腹購入しながら学んでいる最中。現在の目標は山陽オートに行くことである。

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①=③-②④⑧⑤⑦(10点) ①-②④-②③④(4点) ④-①-③(1点)

今年は初制覇などが多くみられる年だったように感じる。念願のSG日本選手権制覇の森且行選手の優勝は記憶に新しい。今日も何か新しいドラマが生まれる予感がする。 本命は1青山選手。SSトライアル4日間を見ても、1着・1着・2着・1着と良走路、斑走路ともに状態が良い。1枠ともなれば、後続を抑えるような走りを見せ、10周回を逃げ切るだろう。 対抗は、3早川選手。今年は川口、山陽と、他場でのG1初制覇を果たし、今年こそはSG初制覇と期待を寄せているファンも多いだろう。スタートに不安はあるものの、仕上がりは良く、青山選手との熱い対決が見られるだろう。 ▲はチャリレンジャーの2 荒尾選手。2枠を活かして、序盤から好位置につけるだろう。後続をブロックするような走りに期待。 △は鈴木選手。4日目は混戦で連には絡めなかったものの、良走路での競走タイムは3.310~3.334と機力は十分。悔しさをバネに、スタートからトップ争いに持ち込みそうだ。 ×は佐々木選手。大外からのスタートは厳しいが、今節、外枠からのスタートが多く、イメージできているとコメントあり。良走路の成績を見れば、着順も上がっている。4日目のようなスタートを切ることができれば十分、連に絡むだろう。 10周戦であり、外枠もスタ-トを切れれば連に絡むことが考えられるので、3着は広めに抑えたい。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑧-⑤⑦-①⑤⑥⑦(6点) ⑧-⑥-①⑦(2点) ⑦-⑤⑧-①⑤⑥⑧(6点) ⑤-⑧-⑦(1点)

10線の5田崎選手、6藤本選手がレースを引っ張り、20線の7片野選手、8岡谷選手が追ってくる。 本命は8岡谷選手。捌きもあり、ガールズ戦のハンデチャンスを活かしてくれるだろう。 対抗は連覇を狙う7片野選手。スタート力もあり、近況も川口と伊勢崎で優出を決めており安定感がある。 ▲には5田崎選手。10月に初優勝し、前回も伊勢崎で優出を決めた。△は6藤本選手。田崎選手と同ハンデで地元の先輩として意地を見せるであろう。×は0線最内の1交川選手を狙いたい。

チャリロトデータ班の予想

チャリロトの競輪・オートレース情報サイト「PerfectaNavi」を編集する傍ら、寝る間も惜しんでオートレースのデータ分析に明け暮れる。レースを見すぎたため、最近では息子からレーサーが職業だと勘違いされ始めた。オートの頂上決戦も、データ重視で斬る!

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ④=①-③⑦②(6点) ④=③-①(2点) ④=②-①(2点)

永井大介と高橋貢が決定戦に進出できなかったため、優出メンバーの中、今回のトライアル戦で1着を取っているのは1青山と4鈴木のみ。4日目の直接対決はインの青山が圧勝したが、スーパースターの連覇はトライアル戦導入の2004年12月以降、達成者が出ていない。もちろん偉業達成の期待も十分なのだが、逆転あるなら4鈴木だろう。良走路なら抜群のスピードを発揮して、2016年以来2回目の大晦日決戦を制するか。スーパースターは1番車が3連続優勝中だが、昨年準優勝の3早川の巻き返しにも期待。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑤=⑧-③⑥⑦(6点) ⑤=⑥⑦-⑧(4点) ⑥-⑧-③⑤⑦(3点)

ランクに持ち時計、今年のトライアル戦の成績から8岡谷が優位なのは自明の理だろう。今回メンバーが6名同乗していた11月の川口ガールズ戦でも最先着は岡谷だった。逆転期待は、今年のトライアル戦でアクシデントがあったとはいえ唯一、岡谷に先着している5田崎か。6藤本も一撃が見込める位置で、上位争いも十分。

Perfecta Navi編集長の予想

編集長とは名ばかりの単なる何でも屋。2020年、コロナ禍による7車立てレースは手堅く。9車立てでは穴党の本領発揮、数々の高配当をGETした!ガールズフレッシュクイーン後に購入した出張用のキャリーケースは『詩キャリー』と、周囲から呼ばれている(笑)。

予想を見る

■スーパースター王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ①②-①②④-③④⑤(10点) ①-③-②④⑤(3点) ②-④-①③(2点)

トライアル戦平均得点1位通過、連覇の懸かる1青山が軸。最内枠から好スタートで10周回を押し切るだけの力と技を持つ。対抗は大舞台での勝負強さの光る2荒尾。4鈴木は最近の枠番選択に弱気な部分を感じてしまう。近走の安定感と経験で5伊藤、接戦になれば3早川の一発に期待。


■スーパースターガールズ王座決定戦・前日予想
フォーカス 3連単 ⑥⑦⑧ボックス(6点) ⑧-⑥⑦-③④(4点) ⑥⑦-⑧-③④(4点)

週間予報では天候が崩れる前のようだが、当日はどのような走路状況なのか? 7片野が連覇を狙うところで、年間を通して、安定感のあった8岡谷を本命に。 そして、好スタートから逃げ展開に持ち込みたい6藤本を対抗に。 スタートとレース運びの安定感で3高橋、試走次第では4吉川も連下に絡めたい。

TOP
無料会員登録