伊東温泉競輪 G2 共同通信社杯

共同通信社杯投票キャンペーン
新規入会キャンペーン

共同通信社杯とは

初日オール予選、若手の有望選手が多数参戦!
共同通信社杯(G2)は「選抜方法」と「勝ち上がり」で、他のビッグレースと一線を画する。
選抜方法の中に「101期~115期までの各期卒業の選手のうち平均競走得点上位者から順次25名」が含まれるため、新鋭レーサーの参戦が多く「若手の登竜門」とも呼ばれる。
「勝ち上がり」は、シードレースが無く、初日はオール予選。さらに選考順位で番組が振り分けられる自動編成方式を採用。S級S班も予選スタートになるため、自動番組ならではの対戦や連携が実現することも多々ある。

【共同通信社の選考基準】
参加選手数:108名
選考期間:2020年1月~2020年6月(6ヶ月)
(1) S級S班在籍者
(2) 直近前回のオリンピック自転車競技メダリスト
(3) 東京オリンピック自転車競技トラック種目代表選手
(4) 選手選考対象期間において2ヶ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した者(開催時S1)
(5) スポンサー推薦3名以内
(6) 上記(1)~(5)を除く、101期~115期までの各期卒業の選手のうち、平均競走得点上位者から順次25名
(7) FI決勝1~3位回数上位者(同数の場合は平均競走得点上位者)
(8) 平均競走得点上位者

Perfecta Navi
Perfecta Naviの昨年のリザルトを見る

決勝戦&ガールズケイリンコレクション 大予想!

 KING OF KEIRIN 加藤慎平の闘心予想!

加藤 慎平のガールズケイリンコレクション・決勝戦予想

【9R/ガールケイリンコレクション予想】
充実の梅川風子が本命だ。自力は女王・児玉碧衣や小林優香に匹敵するほどに成長している。高木真備という強力な同型もいるが、トップスピードの高さでライバルを粉砕していくだろう。そして、小回りバンクとなる伊東温泉競輪場では、勝負所での位置取りが勝負の肝となる。ならば、それに対応してくるのは誰か? 石井貴子、石井寛子しか居ないだろう。3着候補には高木、鈴木美教を加えた3連単で勝負だ。

【12R/共同通信杯決勝戦予想】
ついに、山田英明にビッグタイトル奪取のチャンスがやってきた。なんと、ラインは九州4車のみ。5車が単騎の競走だ。その中でも、分断策の可能性があるのは松浦悠士のみか?そして、その松浦もそこまでリスキーな作戦を取ってくるとは思えないので、山田の番手捲りが車券の中心だ。相手には、そつがない松浦、力が抜けている新田祐大、脇本雄太を指名する。そして3着候補には中本匠栄を加えた3連単で勝負したい。

印とフォーカス

【9R/ガールズケイリンコレクション】

◎ ①梅川風子 ○ ⑥石井貴子
▲ ②石井寛子 △ ③高木真備
× ⑤鈴木美教

(3連単の狙い目)
①-②⑥-②③⑤⑥
②⑥-①-②③⑤⑥


【12R/共同通信社杯決勝】

◎ ⑤山田英明 ○ ⑦松浦悠士
▲ ①新田祐大 △ ②脇本雄太
× ⑥中本匠栄

(3連単の狙い目)
⑤-①②⑦-①②⑥⑦
①②⑦-⑤-①②⑥⑦

加藤慎平

加藤慎平(かとう しんぺい)
2005年12月の第21回読売新聞社杯全日本選抜競輪でG1初優勝を達成。

さらに同月のKEIRINグランプリ2005を制覇し、競輪界の頂点に立った。この時の月額獲得賞金1億3,000万円は未だ塗り替えられることがない競輪界のレコード記録。2018年12月に現役引退後は様々な分野でマルチに活躍している。芸能、メディア界にも多数の人脈を持つ。


 予想も鋭く切れ込む! 林雄一のギャンブル愛

林 雄一のガールズケイリンコレクション・優勝戦予想

【9R/ガールズケイリンコレクション予想】
前回の9月松戸において、積極的なレースで石井貴子(千葉)を完封した高木真備と、ナショナルチーム入りしてさらに力強い走りを見せる梅川風子が有利。位置取り重視の選手が多く、自力選手の後ろがもつれるのではないだろうか。ビッグレースに強い石井貴子だが、今回は車番が悪いため2、3着までとみた。柳原真緒が仕掛けたとしても、高木のスピードでカマシ捲りが決まれば、③-②⑥-①、③-①-②⑥。力で梅川が逆転すれば、①-③-②⑤⑥。梅川がレースを見すぎて、仕掛けが遅れた場合は、③-②⑤⑥-②⑤⑥が狙い目となる。

【12R/共同通信社杯決勝予想】
令和の競輪を象徴するように、個の力が高い選手が勝ち上がった印象だ。その中でも、ひときわ目立つのは、やはり新田祐大と脇本雄太。新田は「責めたい気持ちが強い」とコメントしている通り、積極的な走りを披露。脇本も、調子は悪くなさそうで、両者のどちらかが1着候補か。KEIRINグランプリ初出場の懸かる山田英明が4車結束の番手で有利に思えるが、調子はそれほど良くは見えず。もし2段駆けが成功したとしても、力で新田、脇本には及ばずの山田を2、3着固定にした①②-⑤-①②⑦⑨、①②-①②⑦⑨-⑤を狙う。 また、単騎の選手が多いので、レースが早めからは始まらない可能性もある。その場合は、九州勢の遅い仕掛けが決まるとみて、山田からの⑤-①②⑦-①②⑥⑦⑧を抑えたい。

フォーカス

【9R/ガールズケイリンコレクション】

◎ ③高木真備 ○ ①梅川風子
▲ ⑥石井貴子 △ ②石井寛子
× ⑤鈴木美教

(3連単の狙い目)
③-②⑥-①
③-①-②⑥
①-③-②⑤⑥
③-②⑤⑥-②⑤⑥


【12R/共同通信社杯決勝】

◎ ①新田祐大 ○ ②脇本雄太
▲ ⑤山田英明 △ ⑦松浦悠士
× ⑨吉澤純平

(3連単の狙い目)
①②-⑤-①②⑦⑨
①②-①②⑦⑨-⑤
⑤-①②⑦-①②⑥⑦⑧

林雄一

林雄一(はやし ゆういち)
1999年に83期生としてデビュー。

シャープな差し脚と激しいマーク戦で、S級通算18回の優勝を果たした。S級1班ながら、今年3月に現役を引退。その後は、解説者としても活躍中。公営競技の大ファンでもある。

その他予想

無料会員登録

勝ち上がり

 勝ち上がり初日

展望

S級S班がオール参戦!

9月のG1オールスターに次いで、S級S班の9選手がそろい踏み。
オールスター決勝で熾烈な争いを演じた松浦悠士脇本雄太をはじめ、スピード傑出の新田祐大、連覇を狙う郡司浩平、総合力上位の平原康多らがシリーズを牽引する。

グランプリ出場へ大事な一戦

KEIRINグランプリ2020の出場権争いも佳境に入っていく。
優勝賞金が約2,000万円と高く、圏外からのジャンプアップも可能。
8月末の賞金ランキングで出場ボーダー付近にいるのは古性優作守澤太志山田英明諸橋愛浅井康太原田研太朗ら。動向は要注目だろう。

オール予選&自動番組が織りなすストーリー

初日からシードレースは無く、全員が一次予選からスタートする。
さらに初日は選考順位により、自動で番組が作られる(二次予選も初日成績と選考順位による自動振り分け)。そのため、意外な対戦や珍しい連携が見られるのも見所のひとつ。 ちなみに、昨年はSSから優出したのは平原康多のみだった。

新鋭レーサーの活躍に期待

若手の登竜門と呼ばれるように、寺崎浩平高橋晋也坂井洋といった注目の新鋭が多く参戦する。果敢な自力戦で、上位陣に挑みたい。とくに117期早期卒業の寺崎は、9月のG1オールスターで準決勝まで進出。さらなる躍進が期待される。

注目選手

共同通信社杯には、チャリロトスポンサード選手から、松浦悠士選手、小松崎大地選手、森田優弥選手、堀内俊介選手、松井宏佑選手、古性優作選手、佐々木豪選手が出場予定です。

ガールズケイリンコレクション2020
伊東温泉ステージ

5月に中止となった静岡ステージを、共同通信社杯の最終日・第9レースに「ガールズケイリンコレクション2020伊東温泉ステージ」として実施。今年1月の静岡・久留米・岐阜の各トライアルを勝ち上がった7選手による一発勝負だ。

ガールズケイリンコレクション2020伊東温泉ステージには、チャリロトスポンサード選手から、石井貴子選手が出場予定です。

傾向と対策

今年で第36回目を迎えるG2共同通信社杯。開催をより楽しむため、予想に役立つ『共同通信社杯のデータ集』を大公開! 過去の激戦データを参考にして、シリーズの対策を練っていきましょう!!

※敬称省略、データは8月29日現在

1988年(第1回)から2019年(第35回)までの集計。第1回から7回までは単発のルビーカップ、第8回から4日制シリーズ。
4日制の最年少優勝:25歳(第8回:後閑信一、第21回:佐藤友和、第22回:永井清史)
最年長優勝:47歳(第31回:神山雄一郎)
大会連覇:神山雄一郎(第9回、10回)、内林久徳(第11回、12回)
最多優勝:6回(神山雄一郎)※第6回のルビーカップを含む

現在の勝ち上がりで実施された2009年~11年の春一番、2012年から昨年までの11大会を振り返る。

一次予選1着から優勝:3名
一次予選2着から優勝:5名
一次予選3着から優勝:2名
一次予選着外から優勝:1名

意外にも初日1着から優勝したのは3名のみ。2013年福井の長塚智広以来、初日1着者から優勝が出ていない。一次予選を着外(4着)から巻き返して優勝したのは、一昨年の平原康多。

二次予選A経由で優勝:9名
二次予選B経由で優勝:2名

二次予選B回りで優勝したのは2名のみだが、一昨年の平原康多、昨年の郡司浩平と続いている。
ちなみに、この勝ち上がりで完全優勝したのは、2010年小松島の村上義弘のみ。

直近20大会の平均配当

配当にはかなり幅があり、2009年取手は3連単1,010円、2016年富山は3連単11万1,860円。直近20大会で万車券決着は10回。

直近20大会の決まり手 逃げ切ったのは、2010年小松島の村上義弘、2016年富山の竹内雄作。

直近20大会決勝のライン決着率・位置取り

優勝者の位置取り 昨年の郡司浩平が単騎で優勝を手にしている。

直近20大会における1番車から9番車の入着は以下の通り。
決勝の出目

直近20開催では、優勝選手の車番に傑出したものは無い。連対率、連対率は2番車と7番車が、3連対率では7番車がトップ。昨年2着の佐藤慎太郎、一昨年優勝の平原康多が7番車での好走だった。6番車だけ直近20開催で優勝なし。
※あくまで出目のデータです。

今年の成績

伊東温泉競輪場のバンクデータ

周囲を木々が生い茂り、高い建造物もないため、森に囲まれているような雰囲気のバンク。 周長は333mだが、みなし直線は46.6mと長い。そのため、逃げ・捲り・追い込みと、どの脚質にも勝機あるが、決まり手では、捲りがやや優勢。その捲りも、2角、4角で外に膨らみやすいため、要注意だ。

バンクレコード:9秒0 新田祐大(2014年4月27日)
1着の決まり手:逃24%、捲40%、差36%
2着の決まり手:逃17%、捲18%、差23%、マ42%

伊東温泉競輪場