TOP > 自転車競技 > シクロクロス全日本選手権(男子エリート)

自転車競技

一覧へ戻る

自転車競技

2021/04/27

Perfecta編集部

シクロクロス全日本選手権(男子エリート)

シクロクロス全日本選手権(男子エリート)

長野県飯山市の長峰スポーツ公園を舞台に11月29日、第26回全日本シクロクロス選手権が開催された。会場が感動に包まれた女子エリートレースに続き、男子エリートカテゴリー(成人)のレースが行われた。

女子エリートのレポートはこちら


美しい山並みが見守る飯山市長峰スポーツ公園で開催された全日本選手権


泥が乾き、ねっとりと重さを増し、よりパワーを擁するコースに

男子有力選手を見てみよう。
前回のマキノで優勝し、国内トップシリーズ戦JCXシリーズをここまで3連勝(全勝)と、好調さを見せつけている織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)。2019年はU23を制し、今季からエリートに昇格。エリートとしては1年目の挑戦になる。国内のロードのリーグ戦でも、U23の年間チャンピオンに輝いている。


前戦マキノで優勝した好調の織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)。シケインをバニーホップで越え、会場を沸かせた ※11/22マキノ高原にて

マキノでキレのある走りを見せた沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)も本命の1人。マキノでは最後の局面で2位に沈んだが、他を寄せ付けない登坂スピードとパワーを見せた。


マキノで抜きんでた登坂力を見せた沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)※11/22マキノ高原にて

ディフェンディングチャンピオンとなる前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)は3連覇をかけて臨む。


2019年の全日本選手権で優勝した前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)※11/22マキノ高原にて

日本を代表するシクロクロッサーの一人でもあり、2度目のタイトルを狙う小坂光(宇都宮ブリッツェン)や、この会場での優勝経験を有し、2011-2015年までの全日本を連覇した竹之内悠(ToyoFrame)、U23で2回の優勝経験を持つ横山航太(シマノレーシング)も注目だ。


2回目の優勝を狙う小坂光(宇都宮ブリッツェン)


シクロクロスでそれぞれタイトルを有する竹之内悠(左・ToyoFrame)と横山航太(右・シマノレーシング)

前週マキノで活躍したトップ選手たちに加え、MTBクロスカントリーで12回全日本選手権を制している前人未到の域で日本の先頭を走り続ける王者、山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)もエントリー。シクロクロス歴は長く、当然、テクニックやパワーにも長けている。この会場でも2015年の大会では2位に入っている。

男子のレースは60分。ここまで2日間にわたり開催されたレースの死闘の跡を残しながら、泥はさらに重くねっとりと固まり、テクニックを要するタフなコンディションとなった。この環境下で開催される、2020年の全日本を制するのは誰なのか。

12

ページの先頭へ

メニューを開く