TOP > オートレース > 4/29=川口SG(最終日)展望予想

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/04/29

Koichi Yahagi

4/29=川口SG(最終日)展望予想

4/29=川口SG(最終日)展望予想

2021年4月29日
川口SG(最終日)第40回オールスターオートレース

☆前日の的中☆
【川口SG・4日目12R=準決勝戦】
3連単8-3-4=1,800円

***************

今開催は本当に難解なレース続きだった。
予想が難しいのだから、選手の大変さはそれ以上だったはず。
最終日はここまでを踏まえて、予想していきたい。
天気予報が悪いので、湿走路予想も付け加える。

【9R=夏海☆特別一般戦A】
女子レーサーがSGレースの優勝戦に2人も乗ることは、同じ女子レーサー1・片野利沙を燃えさせるはず。
ここは2・岡松忠を壁にして逃げ回る。
そしてその2・岡松忠。
今節はここまで1着か8着と、いわゆるピンパーの成績ではあるが、抑えながら回る技術には長けている。
そして今節スタートの切れている4・谷津圭治。
機力も悪くなく、人気の盲点となれば配当も期待できる存在だ。
また、イン捌きの5・大木光。
6〜8枠の実力者が人気となるはずでここも配当期待の狙い目となる。
ここは穴となりそうな顔ぶれなので3連単BOX車券で勝負してみたい。
(買い目)
3連単BOX=1245
(湿走路)
走路が濡れたら5・大木光の頭勝負。
地元の雨は特に上手い。
連下は外側の3人。
5→678→678

【10R=JIN☆選抜戦】
今節好調に思えたが、優勝戦進出を逃した7・高橋貢。
ここは鬱憤晴らしのレースとみて軸に推したい。
相手には3人を指名。
まずはスタート行ける位置の3・前田淳。
こちらも今節はイン走法が冴えているので、スタートさえ決まれば面白い存在だ。
また、こちらも機力の出ているように思えた4・松山茂靖。
スタート好位につけられれば機力の良さを誇示できるはずだ。
そして8・伊藤信夫。
10mオープン戦の大外枠は厳しい位置ではあるが、腕とガッツはある選手だ。
(買い目)
7→348→348
(湿走路)
雨となっても7・高橋貢の軸は変わらない。
このメンバーの中でも雨巧者を相手に。
7→145→145
145→7→145

【11R=MITSUKI☆特選】
スタート巧者の2人に期待して軸に推したい。
まずは5・三浦康平。
この位置からなら好位につけられるはず。
また、6・篠原睦。
こちらもスタート巧者で、展開を読むのが上手い選手だ。
他には若手成長株の1・野本佳章も侮れない存在だ。
機力が出ているのでスタート枠なりなら、ぶっちぎりの勝利まである。
あとは後半捌いて上がってくる8・早川清太郎の捌きも捨てがたい。
(買い目)
56→56→18
56→18→56
18→56-56
(湿走路)
それほど突出した雨巧者はいないが、まずまずの雨巧者3人の3連単BOX車券で勝負したい。
3連単BOX=347

【12R=優勝戦】
ここは7・鈴木圭一郎と8・青山周平が人気を二分するレースとなりそうだ。
0mオープン戦ではなくて、オール10mハンデ戦となったことで、ここは内側の7・鈴木圭一郎の頭勝負としたい。
もちろん連下の軸は8・青山周平。
この2人が3着までに絡んでこないことは考えられない。
この2人に絡んでいけるのは3人。
まずは女子レーサーの2人だ。
1・岡谷美由紀は最内枠から枠なりのスタートを切ってくれれば好展開。
また、スタート力ナンバーワンの3・鈴木宏和も同じく好展開でレースを運べる。
そして5・佐藤摩弥。
スタート後もそこそこの位置につけられて、捌いていく姿は王者の風格さえある。
(買い目)
7→8→135
7→135→8
(湿走路)
雨となっても7・鈴木圭一郎と8・青山周平の争い。
そこに地元の意地で6・永井大介が絡んでいく。
3連単BOX=678

【略歴】

矢作公一(やはぎ・こういち)

矢作公一(やはぎ・こういち)

1966年12月29日生 埼玉県出身
立教高—立教大—日本ハム(89~92年)
高校・大学時代は1学年上の長嶋一茂(ヤクルトー読売)
と共にクリーンアップを任される
東京六大学リーグ通算17本塁打は歴代7位
ドラフト6位指名で日本ハムに入団
川口生まれで、少年野球に励んでいた頃は
川口オートレース場のエンジン音がBGMだった
オートレースの大ファンである
現在は野球塾、少年野球、高校野球の指導者として活躍
教え子には上林誠知(ソフトバンク)がいる

ページの先頭へ

メニューを開く