TOP > オートレース > 11/30=浜松オートG2(最終日)展望予想

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2022/11/30

矢作公一

11/30=浜松オートG2(最終日)展望予想

11/30=浜松オートG2(最終日)展望予想

2022年11月30日
浜松オート(最終日)
チャリロト杯G2オートレースメモリアル

☆前日の的中☆
【浜松G2・4日目11R=元船橋準決勝戦】
3連単8-5-7=2,130円 3連単2点勝負的中!

※4日目(準決勝戦)レポートはこちら

**************
湿走路となった4日目の準決勝戦は、雨巧者というよりもスタートを行けた選手が有利となる、抜きづらい滑る走路だったようだ。最終日は良走路に回復しそうだが、風が強い予報も出ているので、そこも考えて予想してみたい。

【9R=特別一般戦A】
1/新井  淳 10m
2/五所  淳 10m
3/内山 高秀 10m
4/青島 正樹 10m
5/山田 達也 10m
6/有吉 辰也 10m
7/篠原  睦 10m
8/木村 武之 10m

前日からハンデ重化した1・新井淳だが、最内枠からトップスタートが見込めるので、インをしっかり閉めて走ってきそう。また、予報の通りに風が強まれば、後ろが抜きづらい上に、赤城おろしという地元伊勢崎の風に慣れているはずなので、プラスに働くとみた。
また、地元浜松で今節機力上々のスタート巧者4・青島正樹。
同じくスタート巧者で捌きの腕もある6・有吉辰也。
さらに8・木村武之も、10mオープン戦の大外枠からでも、地元浜松走路を知り尽くしているだけに、勝負に参加していきそうだ。
ここは、この4人の3連単BOX車券で勝負したい。
組み合わせによっては、そこそこの配当も見込めるはずだ。
(買い目)
3連単BOX=1468

【10R=選抜戦】
1/平塚 雅樹 10m
2/田中  賢 10m
3/西村龍太郎 10m
4/鈴木  清 10m
5/岩見 貴史 10m
6/三浦 康平 10m
7/中村 友和 10m
8/松尾 啓史 10m

軸に推したいのは8・松尾啓史。機力は抜群で、スタートで大きく出遅れなければ勝負となる。
相手には、3人を指名。
まずは、スタート位置が良く、風に強い伊勢崎所属の2・田中賢。
また、浜松走路得意の4・鈴木清もスタートは速い方だ。
そして、スタート巧者でこちらも風に強い伊勢崎所属の6・三浦康平。
(買い目)
8→246→246
246→8→246

【11R=特別選抜戦】
1/渋沢 憲司 10m
2/浅田 真吾 10m
3/仲口 武志 10m
4/別府 敬剛 10m
5/泉田 修佑 10m
6/角南 一如 10m
7/佐藤 摩弥 10m
8/西原 智昭 10m

10mオープン戦の外側から2番目の厳しい位置からでも、7・佐藤摩弥が好スタートからレースを牛耳るとみた。
ここは頭勝負とみて、連下候補には3人を指名。
まずは、1・渋沢憲司。ハンデ重化でも今節好調で、最内枠からならスタート好位に期待できるし、伊勢崎所属で風にも強いと見た。
また、今節は機力が良く、得意の『スナ捲り』を決めてきそうな6・角南一如。
そして、大外枠からでも、すぐ内側の7・佐藤摩弥のスタートに乗って攻めていける風に強い伊勢崎所属の8・西原智昭。
穴は3・仲口武志。機力もそうだが、今節は気合乗りが良い走りっぷりを見せている。
(買い目)
8→168→168
穴・3

【12R=優勝戦】※8周戦
1/竹谷  隆 10m
2/岩崎 亮一 10m
3/金子 大輔 10m
4/加賀谷建明 10m
5/佐藤 貴也 10m
6/高橋  貢 10m
7/荒尾  聡 10m
8/鈴木圭一郎 10m

ここまで圧倒的な力で1着ゴールしてきている8・鈴木圭一郎。ここも軸となるのは間違いないが、今日は死角もあり、頭固定で勝負とは考えたくはない。
まずは、何と言っても10mオープン戦で、抜かせない技を持つ5・佐藤貴也が内側にいることだ。しかも今節の5・佐藤貴也は機力も上々。また、風が強い予報も出ていることもマイナス材料。
それでも、8・鈴木圭一郎が連軸になることは間違いない。
ならば相手となるのは、その5・佐藤貴也と、その内側にいる選手と考えたい。
まずは、今節ここまで4連勝の3・金子大輔。機力が良く、このスタート位置はどう考えても魅力だ。
また、復帰後のグレードレース連続優出と好調持続の4・加賀谷建明。
そして、良走路ではまだ今節勝ち星がない6・高橋貢だが、風が強まれば、風に強い伊勢崎所属な上に百戦錬磨の経験を生かして穴となるはずだ。
(買い目)
8→345→345
345→8→345
穴・6

【略歴】

矢作公一(やはぎ・こういち)

矢作公一(やはぎ・こういち)

1966年12月29日生 埼玉県出身
立教高—立教大—日本ハム(89~92年)
高校・大学時代は1学年上の長嶋一茂(ヤクルトー読売)
と共にクリーンアップを任される。
東京六大学リーグ通算17本塁打は歴代7位。
ドラフト6位指名で日本ハムに入団。
川口生まれで、少年野球に励んでいた頃は、川口オートレース場のエンジン音がBGMだった。オートレースの大ファンである。
現在は野球塾、少年野球、高校野球の指導者として活躍。
教え子には上林誠知(ソフトバンク)がいる。

ページの先頭へ

メニューを開く