TOP > オートレース > 浜松SG(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/02/22

Perfecta編集部

浜松SG(4日目)ピックアップ

浜松SG(4日目)ピックアップ

2021年2月22日
浜松(4日目)SG 第34回全日本選抜オートレース

【9R=準決勝戦】
*8周回 4,100m(良走路)

大外枠から8・荒尾聡が豪快なカマシを決めて、一気に主導権を握る。
2番手は内枠から1・若井友和が続いていく。
スタート決めた荒尾が周回ごとに後続との差を広げて1着ゴール。
7・金子大輔が若井の内に入り、一旦は2番手に浮上するも、すぐさま若井が再逆転。
6・高橋貢も加わって、2着争いは熾烈な争いとなる。
だが、若井が抑え切って2着、3着に高橋が入着した。


1着/荒尾聡(飯塚27期)競走タイム3.354
競走車名:デフジャムAK ランク:S3
今節の成績:1着・2着・2着・1着
「8枠なので思い切っていきました」と、大外から切れ味鋭いスタート。
そして、優出一番乗りを決めた。
終わってみれば競走タイム3.354は一番時計だった。
年末のSS王座決定戦では青山周平、鈴木圭一郎の前に3着。
今回の優勝戦は両者を内に見ての3枠。
全日本選抜の優出は2018年以来で、その時は準優勝だった。
今年のテーマである「スタート」を決めて、昨年のオールスター以来、通算5回目のSG制覇を狙う。


2着/若井友和(川口25期)競走タイム3.373
競走車名:モエルトウコン ランク:S18
今節の成績:2着・5着・3着・2着
今シリーズは未勝利ながら準決勝戦も1枠から粘りに粘って2着。
「2周目で荒尾君のスピードが違かったので、後ろを抑えるレースになったが、最後まで自分のレースは出来た」
守り切った2着優出に笑顔を見せた。
優勝戦は8枠になったが、「やる気だけは誰にも負けない」と。
真骨頂である最後まで諦めない走りで優勝争いを賑わせたい。
SG優出は2019年8月のグランプリ以来。
優勝ならば17年ぶり2回目の制覇となる。

***************

【10R=準決勝戦】
*8周回 4,100m(良走路)

4・黒川京介がフライング。
2本目のスタートは内から1・鈴木宏和が飛び出し、3・伊藤信夫が2番手、5・佐々木啓が3番手に。
1周回3コーナーで伊藤が鈴木の内に入って先頭に立つと、佐々木も続く。
3番手には6・早川清太郎が上がってくる。
伊藤がそのまま佐々木を振り切って1着。
2着に佐々木が入り、早川をかわした8・中村友和が3着に入線した。


1着/伊藤信夫(浜松24期)競走タイム3.368
競走車名:ワント ランク:S12
今節の成績:1着・2着・2着・1着
昨年のグランプリで13年ぶりのSG制覇を果たして復活。
地元SG戦でもオール連対の安定感で、シッカリ優出を果たした。
準決勝戦はスタートを決めて抜け出した。
だが、「ペースが上がらず、ズーッと、後ろから音が聞こえていた」と、回顧。
優勝戦に向けては「勝負にならないので、手を入れていく」とのことで、整備に着手する構え。
優出メンバーでは最年長の48歳。
進化を続けるレジェンドレーサーが地元で通算6回目SG優勝を目論む。


2着/佐々木啓(山陽23期)競走タイム3.
競走車名:リアン ランク:S8
今節の成績:2着・2着・1着・2着
フライングがあったが、「スタートは2回目の方が良かった」と、好ポジション奪取に成功。
2番手につけて機を伺う展開。
「(伊藤が)コースを外さなかった。いけるところを待っていたが、ミスしませんでした」
そのようにレースを振り返る。
レース脚自体は「自分なりには良かった」との評価。
あとは今節、2R・5R・5R・10Rと、最終レースに近い時間帯のレースを走っていない。
よって、どこまで合わせられるかも鍵になろう。
今回の優勝戦メンバーでは唯一、SGタイトルを手にしていない。
初制覇へ、まずは6枠から渾身のスタート攻勢に出たい。

12

ページの先頭へ

メニューを開く