TOP > オートレース

川口G1(最終日)レポート

オートレース

2018/07/30

川口G1(最終日)レポート

2018年7月30日 第42回 日刊スポーツ キューポラ杯(最終日) 【12R=優勝戦】 1/中山光(A-46・川口32期) 2/佐藤摩弥(A-9・川口31期) 3/鈴木宏和(A-36・浜松32期) 4/高橋義弘(A-6…続きを読む

天野記者の『オートレースNOW』Vol.16

オートレース

2018/07/21

天野記者の『オートレースNOW』Vol.16

女子選手で、今後の活躍が楽しみなのは金田悠伽(浜松33期)だ。1着=19回、2着=7回、3着=4回の成(7月13日現在)は同期では断トツ。活躍が認められ、グレードレース7のPRポスターに、佐藤摩弥(川口31期)、藤本梨恵…続きを読む

天野記者の『オートレースNOW』Vol.15

オートレース

2018/06/24

天野記者の『オートレースNOW』Vol.15

オートレーサーにとって、日々の食事はレースに関連していて、かなりのウェートを占める。ボートレーサーほどではないが、やはり、体重管理は重要だ。ランク上位に60kgを超える選手は少ない。休養明けの選手からは「まずは体重を落と…続きを読む

天野記者の『オートレースNOW』Vol.14

オートレース

2018/06/02

天野記者の『オートレースNOW』Vol.14

消音マフラーを着用してのグレード戦、G2川口記念(5月23〜27日)で優勝したのは、SGウィナーとなった佐藤貴也(浜松29期)だった。「ベットオンミー」の決め文句で知られる男は鮮やかな追い込みでVをもぎ取った。8周1角で…続きを読む

天野記者の『オートレースNOW』Vol.13

オートレース

2018/05/19

天野記者の『オートレースNOW』Vol.13

これまでに何度も書いているが、何もかもが規格外の男だ。3期連続でランク1位の鈴木圭一郎(浜松32期)、オートレースの常識を全て覆し、記録を塗り替えていく。最も驚いたのは何と言っても2017年7月のオールスターだ。枠順選択…続きを読む

天野記者の『オートレースNOW』Vol.12

オートレース

2018/05/02

天野記者の『オートレースNOW』Vol.12

2017年7月からデビューした33期20人で、最初に優勝したのは黒川京介(川口)だ。2018年1月15日の川口において単独0mハンデからの逃げ切り勝ち。3秒390の自己最速をマークした。19歳5ヶ月15日での優勝は史上最…続きを読む

1 41 42 43 44 45 46 47 48 49

ページの先頭へ

メニューを開く