TOP > 競輪 > 小倉G1(最終日)レポート

競輪

2020/11/23

Perfecta編集部

小倉G1(最終日)レポート

小倉G1(最終日)レポート

2020年11月23日
小倉G1(最終日)朝日新聞社杯競輪祭

【12R=S級決勝】

1/新田祐大(SS・福島90期)
2/古性優作(S1・大阪100期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/松井宏佑(S1・神奈川113期)
5/諸橋愛(S1・新潟79期)
6/鈴木庸之(S2・新潟92期)
7/和田健太郎(S1・千葉87期)
8/稲川翔(S1・大阪90期)
9/郡司浩平(SS・神奈川99期)

号砲から内枠の新田、古性、平原が勢い良く飛び出した。
結局、単騎の新田がSを取り、1・635・28・497の隊列に落ち着いた。

赤板突入、鈴木が新田との車間を開けたところで古性が踏み込んでいく。

古性が先頭に出るが、後団から松井が一気に叩く。

打鐘で松井が出切ったものの、南関3番手の和田が離れてしまい、3番手に古性が収まる。

松井の主導権で最終HSを通過。

最終2コーナー、郡司が番手捲り。
後方から鈴木も巻き返すが、3番手・古性の外で止まってしまう。

最終BS、鈴木の後ろから平原が踏み込む。

12

ページの先頭へ

メニューを開く