TOP > 競輪 > 郡司浩平(神奈川99期)選手コメント

競輪

2021/03/01

Perfecta編集部

郡司浩平(神奈川99期)選手コメント

郡司浩平(神奈川99期)選手コメント

郡司浩平(SS・神奈川99期)選手コメント

郡司浩平(神奈川99期)選手が、2021年3月より新たにスポンサード選手に加わりました!
今年2月に地元の川崎競輪場で開催された第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪にて自身2回目のG1制覇を達成。
以下、南関東地区のニューリーダーとして活躍を続ける新チャリレンジャー・郡司選手からのコメントです。

**********

_まずはG1全日本選抜競輪の優勝おめでとうございます。
「そこを目指してやってきたところがあったので、嬉しい気持ちと安心した気持ちの両方がありました」

_ホームバンクの川崎競輪場でG1が開催されたのは55年ぶりでした。
「僕が選手になって、川崎でG1が開催されるかどうかも分からなかったですからね。その中で、こうしたチャンスがきたのは本当に嬉しいですし、決まってからはそこに向けてズーッと、やってきていたから本当に良かったです。選手以外にも支えていただいたり、川崎でのG1開催をPRしていただいたりしていたので、期待されていることも感じていました。そこで僕に何ができるかと言うと、結果を出すしかない。プレッシャーはありましたけど、走れる喜びも感じ、その喜びを噛み締めて走ることができたので良かったです」

_S級S班になり、昨年の競輪祭で初のG1優勝。地元G1に向けて、態勢がドンドン整っていった感じでしたね。
「そうですね、流れも良かったです。もちろん、僕だけではなく、周囲の支えがあってのことだと思いますが、良い状態で川崎G1を迎えられたのは僕の中で得るものがありました。さらに優勝できたことは競輪人生の中でもかなり大きなことだと思います」

_決勝戦に勝ち上がった時の「決勝はノルマ。皆の思いも乗せて走りたい」というコメントが印象的でした。
「優勝を目指してきたので、決勝は最低限。その前に転ぶ訳にはいかなかった(笑)。もちろん、決勝に乗ってホッと、した部分はありましたけど、そこからが勝負でしたから。本当に僕だけの力ではなくて、神奈川の選手、南関東のライン、みんなで盛り上げて、決勝に乗ることができたので」

_地元G1優勝後、父であり、師匠でもある郡司盛夫さんとのツーショット写真も掲載されていましたが、盛夫さんからはどんな言葉を?
「僕よりも親父の方が喜んでくれていますよね(笑)。やっと『凄い』と、認めて貰えました。競輪祭を優勝した時もそうでしたけど、地元G1の期待の中でもシッカリ結果を残す。これはなかなかできることではないので、凄いことだと思うって、言って貰いました。親父も僕がここまでの選手になると思っていなかったでしょうし(笑)、恩返しという部分では今回はできたと思いますし、これからもまだままだできれば良いですね」

12

ページの先頭へ

メニューを開く