TOP > 競輪 > 川崎G3(最終日)リザルト

競輪

2021/04/11

Perfecta編集部

川崎G3(最終日)リザルト

川崎G3(最終日)リザルト

2021年4月11日
川崎G3ナイター(最終日)開設72周年記念「桜花賞・海老澤清杯」

【10R=S級決勝】
1/郡司浩平(SS・神奈川99期)
2/古性優作(S1・大阪100期)
3/山崎賢人(S1・長崎111期)
4/桑原大志(S1・山口80期)
5/松井宏佑(S1・神奈川113期)
6/南修二(S1・大阪88期)
7/清水裕友(SS・山口105期)
8/佐々木雄一(S1・福島83期)
9/松谷秀幸(S1・神奈川96期)

地元・神奈川勢からエースの郡司浩平をはじめ、松井宏佑、松谷秀幸と3車が優出を果たした。また、SS清水裕友と桑原大志の山口ライン、古性優作と南修二の大阪ラインがともに準決勝ワンツーで勝ち上がり。さらに山崎賢人と佐々木雄一の即席ラインを加えて、決勝は強力なライン同士の細切れ戦となった。
一番人気に推されたのは、地元ラインの番手を回る郡司。対抗は3番手の松谷、自在性に富む古性、SSの清水も支持を集めた。

■レース展開



誘導以下、7清水4桑原・5松井1郡司9松谷・2古性6南・3山崎8佐々木で周回を重ねる。赤板前から山崎が上昇すると、前受けの清水は後続を警戒しながら突っ張っていく。赤板2コーナーから松井が一気にスパートし、打鐘後に清水をかわして、神奈川ラインが主導権を握る。清水が4番手、古性が6番手で続き、8番手から山崎が捲りを狙う。古性も最終HSから捲りを打つが、最終2コーナーで中団の清水も捲りを放って前団に襲い掛かる。迫る清水に対して、郡司は牽制を入れると、そのまま直線で抜け出して優勝ゴール。2着に松谷が続いて神奈川ワンツー。3着には清水が入線した。


2月には当地・川崎でG1全日本選抜競輪を制したばかりの郡司浩平。
地元記念は70周年に次いで3回目、G3は通算11回目の優勝。
今回も地元で、しっかりと主役を演じきった。

優勝/郡司浩平(SS・神奈川99期)
今節成績/特6着・二2着・準1着・決1着
次走出場予定/武雄G3(4月22日~25日)
「ラインの前は頼もしい宏佑、後ろは先輩の松谷さんが固めてくれたので、自分も精一杯、できることをやろうと思っていました。強い選手ばかりだからヒヤヒヤしましたけど、気持ちよいくらい良いレースをしてくれましたし、自分も自信を持って走りました。自分だけの力で優勝できたとは思っていません。お客さんの力も感じましたし、応援があったので、自分の持てる以上の力が出せました。これからも南関東を引っ張っていけるように、結果を残していきたいと思います」

ページの先頭へ

メニューを開く