TOP > 競輪 > 京王閣G1日本選手権競輪(3日目)レポート

競輪

2021/05/06

Perfecta編集部

京王閣G1日本選手権競輪(3日目)レポート

京王閣G1日本選手権競輪(3日目)レポート

2021年5月6日
京王閣(3日目)ガールズケイリンコレクション2021京王閣ステージ

【12R=L級Gコレクション】
1/児玉碧衣(L1・福岡108期)
2/尾崎睦(L1・神奈川108期)
3/久米詩(L1・静岡116期)
4/荒牧聖未(L1・栃木102期)
5/太田美穂(L1・三重112期)
6/佐藤水菜(L1・神奈川114期)
7/石井貴子(L1・千葉106期)

今年2回目のガールズケイリンコレクション2021。
久米詩と太田美穂はコレクション初参戦。さらにコレクション優勝経験者は児玉と石井のみという、直近のコレクションとは一変したメンバー構成での一発勝負となった。
1枠の児玉碧衣は2月松戸から15連勝中。前回の松阪コレクションも制しており、今回も人気は集中した。

■レース展開

誘導以下、5太田、3久米、6佐藤、1児玉、2尾崎、4荒牧、7石井で序盤は周回。荒牧が動いて児玉の横まで上昇すると、残り2周通過後に荒牧は児玉の前に入る。打鐘で石井は内から1車上がり、児玉の後ろで尾崎と並走。前の太田がそのまま先行態勢に入っていき、最終HSは太田、久米、車間があいて佐藤が3番手で通過。最終2コーナー過ぎから5番手の児玉が捲りに出るも、前団に届かず。2番手の久米が捲りを打って抜け出しを図るが、3番手の佐藤が一気の捲り追い込みで1着ゴール。2着に佐藤をマークした荒牧、3着に久米が入線した。人気の児玉は4着、石井は落車棄権に終わった。

優勝/佐藤水菜(L1・神奈川114期)

「初めて大きいレースが獲れて嬉しいですが、アクシデントもあったので素直には喜べないですね。初手が児玉さんより前なら合わせて、児玉さんより後ろなら先に仕掛けようと考えていましたが、太田さんが仕掛けていったので、落ち着いて行けるところから仕掛けようと思っていました。調子は凄く良かったので、いつもより自信もありましたね。また強い走りが見せられるように、練習を頑張りたいと思います!」

次走出場予定/松山F2(6月10日~12日)

12

ページの先頭へ

メニューを開く