TOP > 競輪 > 【佐世保競輪G3】和田健太郎がゴール前接戦を制す

競輪

2021/12/26

Perfecta編集部

【佐世保競輪G3】和田健太郎がゴール前接戦を制す

【佐世保競輪G3】和田健太郎がゴール前接戦を制す

2021年12月26日
佐世保競輪G3(最終日)
開設71周年記念「九十九島賞争奪戦」

20211223日から4日間の日程で行われた佐世保競輪開設71周年記念「九十九島賞争奪戦」G3は、今年のG3戦線を締めくくるにふさわしい好レースが連日繰り広げられ、本日26日に最終日を迎えた。12レース決勝には、今年のSS班としてはラストレースとなる和田健太郎や、スピード上位の深谷知広、好調の新山響平、地元の雄・井上昌己らが勝ち上がり混戦が予想された。レースは、先行した深谷の3番手の和田と、最終3コーナーから自ら捲りを放った井上との大接戦のゴール前勝負となったが、タイヤ差で和田が勝ち取り優勝を手にした。また、9レースではA2班への特別昇班をかけたレインボーカップチャレンジファイナルが行われ、北井佑季、梅田加津也、渡口勝成の3名が昇班を果たした。

【最終日・12R=S級決勝】
1/和田健太郎(SS・千葉87期)
2/井上昌己(S1・長崎86期)
3/新山響平(S1・青森107期)
4/松岡健介(S1・兵庫87期)
5/深谷知広(S1・静岡96期)
6/竹内翼(S2・広島109期)
7/小川勇介(S1・福岡90期)
8/金子幸央(S2・栃木101期)
9/鈴木裕(S1・千葉92期)

【レース展開】

誘導以下、3新山-8金子、4松岡、5深谷-9鈴木-1和田、6竹内-2井上-7小川で周回していく。まず上昇した竹内が赤板過ぎに新山を抑えて先頭に立つと、深谷がすぐさまスパートして、打鐘で竹内をかわして先行態勢に入っていく。南関ラインの主導権取りで、中団に竹内、新山は8番手で最終HSを通過。最終2コーナー過ぎから竹内が捲りを打つも、これは不発。南関ラインが優勢のまま直線に向くと、深谷マークの鈴木、3番手から和田、竹内追走から井上もタテに踏んでゴール前勝負。この争いを制したのは和田で、通算3回目のG3制覇。2着に井上、3着に鈴木が入線した。

【佐世保競輪G3・S級決勝結果】
2車単1-2 8,780円(30番人気)
3連単1-2-9 36,240円(121番人気)
決まり手:差し-差し


優勝/和田健太郎(SS・千葉87期)
今回成績/特8着・二4着・準2着・決1着
次走出場予定/宇都宮F1(2022年月1日1日~3日)

前二人が頑張ったからなので、優勝は本当に出来過ぎですね。新山君のラインが前を取ったので、深谷が先行しやすくなったと思います。(深谷が)凄いかかりでした。途中で口が空いていたので。なんとか追いついていけたので良かったです。(最終4コーナーは)昌己さんもいたので紙一重だなと。でも、自分のコースを行って、あとは後悔のないように踏んだだけです。突き抜けられたのは出来過ぎ。前回の伊東記念の3日目から感じがものすごく良くなってきて、3日目もきつい展開で深谷とワンツー決められたし、最後の最後で、完調とは言わないまでも良いところまでは持ってこられたのかなと思っています。これからも一戦一戦。4日後に宇都宮F1もあるので最低決勝に乗って、しっかり車券に貢献できればと思います。今年は、自分の力だけではどうにもならなかった。来年は、迷惑をかけた分、自分のできることをしっかりして、返していきたいなと思っています。

→レインボーカップチャレンジファイナルのレポートは2ページ目をご覧ください。

12

ページの先頭へ

メニューを開く