TOP > 競輪 > 四日市G3(最終日)リザルト

競輪

2021/04/06

Perfecta編集部

四日市G3(最終日)リザルト

四日市G3(最終日)リザルト

2021年4月6日
四日市ナイターG3(最終日)ベイサイドナイトドリーム

【12R=S級決勝】
1/浅井康太(S1・三重90期)
2/深谷知広(S1・静岡96期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/原田研太朗(S1・徳島98期)
5/諸橋愛(S1・新潟79期)
6/福島武士(S2・香川96期)
7/松浦悠士(SS・広島98期)
8/香川雄介(S1・香川76期)
9/守澤太志(SS・秋田96期)

今開催が2回目となる四日市競輪ナイターG3の「ベイサイドナイトドリーム」。
決勝は松浦を先頭に、中四国ラインが4車で結束。平原と諸橋が関東ライン、二次予選でも連携した深谷と守澤が再度ラインを形成。浅井は単騎での戦いとなった。人気は松浦と原田の折り返しが1・2番人気に推されていた。




■レース展開
誘導以下、3平原5諸橋・1浅井・7松浦4原田8香川6福島・2深谷9守澤で周回を重ねる。赤板では動きはなかったが、深谷が打鐘前2コーナー8番手からスパート。打鐘過ぎに平原を叩き切って先頭に立ち、レースの主導権を握っていく。最終HSは深谷の先行で、平原が3番手、浅井が5番手、松浦が6番手の隊列で通過。松浦は最終HSから仕掛けていくが、最終2コーナー過ぎに3番手の平原が先捲りを放つ。平原は守澤の牽制をパスすると、直線で深谷を捕らえて先頭に躍り出る。抜け出した関東両者の争いとなり、マークの諸橋がゴール前で平原を差し切って優勝。2着に平原で関東のワンツー。3着は香川が入線した。


諸橋は2019年7月の弥彦記念以来となるG3通算8回目の優勝。
「何とか差せましたね。(平原)康多の想定内の作戦でいってくれました。でも、ちょっと離れましたね(苦笑)。最終BSで松浦君に絡まれたし、もう必死でした。これからも頑張りたいと思います」


優勝/諸橋愛(S1・新潟79期)
今節成績/特6着・二1着・準2着・決1着
次走出場予定/小倉F1(4月12日~14日)

12

ページの先頭へ

メニューを開く