TOP > 競輪 > 西武園記念G3(最終日)リザルト

競輪

2021/04/18

Perfecta編集部

西武園記念G3(最終日)リザルト

西武園記念G3(最終日)リザルト

2021年4月18日
西武園記念(最終日)開設71周年記念「ゴールド・ウイング賞」

【12R=S級決勝】
1/宿口陽一(S1・埼玉91期)
2/園田匠(S1・福岡87期)
3/高橋晋也(S1・福島115期)
4/野口裕史(S1・千葉111期)
5/守澤太志(SS・秋田96期)
6/萩原孝之(S1・静岡80期)
7/村上義弘(S1・京都73期)
8/町田太我(S2・広島117期)
9/岡村潤(S1・静岡86期)

混戦模様の決勝。
積極果敢な機動型が揃う中、人気を集めたのが3・高橋と5・守澤の北日本ライン。
両者の折り返しが、1番2番人気に推された。
ここまで3連勝で勝ち上がってきた野口裕史、伸び盛りの新鋭・町田太我ら果敢派の動向も注目視された。

■レース展開

誘導以下、町田-園田、村上、高橋-守澤、宿口、野口-岡村-萩原で周回。
高橋が野口の動きを察知して赤板過ぎに先頭に立つと、上昇した野口は打鐘2コーナーから一気にスパート。
南関東ラインが主導権取りで、単騎の村上が続き、5番手に高橋、町田は8番手に置かれる。
町田は打鐘過ぎに仕掛けるも、これは不発。
最終2コーナーから単騎の村上が捲りを打ち、さらに高橋も捲りで迫るが、岡村が牽制。
南関勢が絶好の態勢で直線に向き、踏み直す野口に岡村が差し脚伸ばすも、4分の1車輪差で野口が押し切り勝ち。
2着に岡村で南関ワンツー。直線伸びた守澤太志が3着に入線した。


野口裕史が4日間最終バックを取るパワフルな走りで、見事な完全優勝を果たした。
今までS級優勝にあと一歩届かない状況が続いていたが、ようやく今年1月の奈良F1でクリア。
そして今回、一気に記念初優勝まで駆け上がった。
勢いそのままに、次走の京王閣G1日本選手権でもパワー先行を武器に、大暴れが期待される。


優勝/野口裕史(S1・千葉111期)
今節成績/一1着・二1着・準1着・決1着
次走出場予定/京王閣G1日本選手権(5月4日~9日)
「信じられません。まさか3着にも入れると思っていなかったです。まずはバック取るのに必死。本当に連日、後ろの人のおかげですね。初手の位置も良かったですし、流れも昨日とだいたい同じ。風が強いのも得意なので、チャンスだと思って走りました。本当にラインのおかげです。基本的に今のスタイルを崩さずに、このままやっていきますので、応援宜しくお願いします!」

12

ページの先頭へ

メニューを開く