TOP > オートレース > 【SGオートレースグランプリ】4日目レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2021/08/15

Perfecta編集部

【SGオートレースグランプリ】4日目レポート

【SGオートレースグランプリ】4日目レポート

2021年8月14日
伊勢崎オート(4日目)SG第25回オートレースグランプリ

【9R=準決勝戦】
*8周回 4,100m(湿走路)

スタート後1コーナーでもつれて(小林瑞季が反妨)大きくあいた内に4・新井恵匠、7・若井友和が入りレースを牽引する。新井が巧みに逃げ、2番手に若井の態勢で周回を重ね、3番手は2・谷津圭治が追っていたが、高橋貢が5周回で捌いて浮上してくる。しかし高橋は前2車との差を詰めていくが捕えるまでに至らず、新井が押し切り1着。2着に若井で入着した。


1着/新井恵匠(伊勢崎30期)競走タイム3.839
競走車名:ミタケ4 ランク:S20
今節の成績:3着・5着・2着・1着

スタートは「置いていかれてしまった」が、1コーナーで前が開いて一気にトップへ。これには「展開が良かったですね」と笑顔。そこから8周回、先頭を明け渡すことなく逃げ切った。「ドキドキでしたよ」と振り返るが、エンジン状態も「試走タイムも出ていたので、悪くはないです」。SG優勝戦は2018年12月のスーパースター王座決定戦以来6回目。そしてグランプリは、5年前に伊勢崎でSG初優出を決めた開催でもある。最終レースを終わってみれば、地元伊勢崎から優出を決めたのは新井のみ。枠番選択で選んだ「5枠」から、SG初制覇を狙う。


1着/若井友和(川口25期)競走タイム3.841
競走車名:モエルトウコン ランク:S14
今節の成績:4着・4着・3着・2着

新井恵匠を追う展開であり、そして高橋貢に追われる展開。「仕掛けると滑りそうな走路だったので、(新井を)抜けなかったです。貢さんも絶対に来ると思っていました」。2着をキープして、SG優出切符を手にした。「上手く展開が作れてラッキー。エンジンも走路に合っていました」と振り返り、優勝戦に向けては「自分なりにエンジンは問題ない」とタイヤの準備をしていく。オートレースグランプリは2004年に初めてSGを制覇した思い出の開催。「確かにゲンは良いと思います。でも、今回もいつもと変わらず頑張るだけですね」。

**********

【10R=準決勝戦】
*8周回 4,100m(湿走路)

スタートで抜群の飛び出しを見せた6・重富大輔が主導権を握っていく。2番手に7・鈴木圭一郎、3番手に3・早川清太郎がつける。重富は快調に飛ばして、セーフティーリードを保っていく。3周回で8・有吉辰也が早川をかわして3番手に浮上するも、そのまま態勢は決して、重富が1着ゴール。2着に鈴木、3着に有吉が入着した。


1着/重富大輔(飯塚27期)競走タイム3.824
競走車名:テンヤシャ ランク:S31
今節の成績:1着・6着・1着・1着

超抜のスタートで抜け出すと、鈴木圭一郎を寄せ付けない快速ぶりで今シリーズ3勝目を挙げた。もちろん勝因に挙げるのは「スタートですね。良かったと思います」。8周回は「抜かれるかと思ってヒヤヒヤしていまいた」と語るが、エンジン状態については「良いですね」と納得の出来だ。SGの優勝戦は2010年11月の日本選手権(飯塚)以来、実に10年ぶり。最終日も天気予報では傘マークがついており、今節の動きからも、屈指の雨巧者から目が離せない。3枠から再び好スタートを切って、SG初制覇を狙う。


2着/鈴木圭一郎(浜松32期)競走タイム3.834
競走車名:カルマ3K ランク:S2
今節の成績:1着・1着・1着・2着

重富大輔の前に今節の連勝は3でストップしたものの、2着で優勝戦進出を決めた。昨年のグランプリは小雨の中、準決勝4着で優出を逃していただけに「ホッとしています」と第一声。「スタートでもっと内にいるかと思ったんですけど、前が重富さんだけだったのでラッキーでした」とスタートから好展開に持ちこめた。練習ではスタート空回りしていたが、本番では「切らないといけないし、思い切って行きました」。もちろん話題にあがるのは、SGグランドスラム。オートレースグランプリはSG初優出を決めた2015年から数えて、今回で6回目のファイナル進出。「エンジンはまだ何かやります。優勝戦も良いレースができるように。いつも通り楽しみたい」。史上6人目、そして最年少のグランドスラマー誕生なるか注目だ。

12

ページの先頭へ

メニューを開く