TOP > 競輪 > 小倉F2(3日目)レポート

競輪

2020/11/20

Perfecta編集部

小倉F2(3日目)レポート

小倉F2(3日目)レポート

【12R=トライアルA/トパーズ決勝進出選手】

1/児玉碧衣(L1・福岡108期)
2/荒牧聖未(L1・栃木102期)
3/久米詩(L1・静岡116期)
4/尾方真生(L1・福岡118期)
5/尾崎睦(L1・神奈川108期)
6/石井貴子(L1・千葉106期)
7/栁原真緒(L1・福井114期)

並びはスンナリ整い、6・5・4・7・1・2・3で周回を重ねる。

3番手の尾方がやや車間を開け、打鐘となる。

打鐘2センターから栁原が動き、尾方がフタをされる。
最終HSで栁原の番手を児玉が取る。

最終BSでは児玉が捲り切る。

児玉が後続を大きく引き離しての圧勝、3日間、全1着の完全優勝を決めた。
2着は児玉マークの荒牧、3着には栁原が残った。

優勝/児玉碧衣(L1・福岡108期)
みんなが勝ちたいと、強く思っている。
サトミナが勝ったのが嬉しいとかではなく、レース前から本当に感動した。
ウルッと、なってしまって、これから自分のレースなのにイカンって(笑)。
ヤナギ(栁原)と真生(尾方)が自分の前にいて、2人のモガキ合いになるかなと。
2人がいかなかったら、自分からいこうとは思っていた。
そこでヤナギがいって、真生にフタする形は自分的にはラッキーだった。
今開催は自分が思っている以上に仕上がっていましたね。
今年のグランプリも1番車で走れるので、3連覇を目指したい。
これからのガールズケイリンの歴史でも2連覇はあると思う。
でも、3連覇はなかなか難しいんじゃないかと、歴史に自分の名前を残したいなって。
それに“女王”って、来年から呼ばれなくなるのも寂しい(笑)。
グランプリまでの1ヶ月ちょっと、気合を入れて、練習していきます。


ガールズグランプリ3連覇を目指し、来年も“女王”の座は譲らないと、力強く語った!

***************

このトライアルを終え、ガールズグランプリ2020(平塚)の出場選手が決定。

[正選手]
児玉碧衣(L1・福岡108期)
佐藤水菜(L1・神奈川114期)
高木真備(L1・東京106期)
石井貴子(L1・千葉106期)
梅川風子(L1・東京112期)
石井寛子(L1・東京104期)
鈴木美教(L1・静岡112期)

[補欠]
尾崎睦(L1・神奈川108期)

12

ページの先頭へ

メニューを開く