TOP > 競輪 > 松阪G2・F2(最終日)レポート

競輪

2021/03/28

Perfecta編集部

松阪G2・F2(最終日)レポート

松阪G2・F2(最終日)レポート

2021年3月28日
松阪G2(最終日)第5回ウィナーズカップ

【12R=S級決勝】

1/山田英明(S1・佐賀89期)
2/松浦悠士(SS・広島98期)
3/郡司浩平(SS・神奈川99期)
4/古性優作(S1・大阪100期)
5/守澤太志(SS・秋田96期)
6/高橋晋也(S1・福島115期)
7/深谷知広(S1・静岡96期)
8/稲川翔(S1・大阪90期)
9/清水裕友(SS・山口105期)

発走前、さらに雨は激しくなった。
号砲で郡司が飛び出し、73・29・1・65・48に並びは整う。

青板2コーナー過ぎから後ろ攻めの古性が踏み上げる。

赤板で古性が深谷を押さえる。
北日本2車も近畿2車を追う形に。

1コーナー、高橋がすかさず前へ出る。

そして、高橋の先行で打鐘。
65・48、車間が少し空いて29・1・73となる。

最終HS、守澤が先行する高橋から少し離れてしまい、松浦が高橋の番手を奪取。

好位を取った松浦が2コーナーから捲りを放つ。

最終BS、松浦が高橋を乗り越える。

高橋も内で必死に粘るが、松浦を追走する清水にとっても絶好の展開。

最後の直線勝負、松浦の番手から清水が一気に踏み込む。

清水が追い込んでの1着ゴール。
2着は直線で外から内へ伸びた古性、3着は松浦となった。

清水は昨年7月のサマーナイトフェスティバル(いわき平)以来、2度目のG2制覇。


優勝/清水裕友(SS・山口105期)
メチャクチャ嬉しいです!
今までの競輪人生で一番、G1を獲った時よりも嬉しい。
昨年はサマーナイト以降、試行錯誤を色々していたけど。
我慢できなくて途中で投げ出してしまったり、自分の形にすることができなかったですね。
今になって思うと、苦しい時期だったのかも知れません。
ようやくトレーニングの成果が出てきて、こうやって結果に出ると嬉しい。
松浦さんのお尻だけ見て、追っていました。
仕掛けてからも内に守澤さんがいたので、当たられても対処できるようにはしていた。
自分が1着になることで精一杯、松浦さんを残す余裕はありませんでした。
レース前に松浦さんから「そうなったら、いってくれ」とは言われていたので、遠慮なくいかせて貰いました。
昨年はダービー(開催中止)を走れなかったので、それに向けて練習している。
ダービーまでにも記念も2本、シッカリやっていきたいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く