TOP > 自転車ライフ > 流氷を眺め、雪の上で遊ぶスノーライド(前編)

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2021/05/10

Perfecta編集部

流氷を眺め、雪の上で遊ぶスノーライド(前編)

流氷を眺め、雪の上で遊ぶスノーライド(前編)

この「自転車ライフ」コラムにも数回登場している北海道のオホーツク地方。今回は北見市で、特別の走行許可を取り、初開催の場所となる雪上をファットバイクで走る「スノーライド」が企画された。今回は日本航空(JAL)の北海道アンバサダーらを迎え、女性たちが走った様子をお伝えしたい。


雪や氷の上を走るスノーライド。今回は常南ビーチなどを走る


遠くに流氷が見える!美しい青と白の景観の中を走る

初めて走行することになったのは、北見市常呂町のところ常南ビーチと、国定公園であるワッカ原生花園。特別に走行許可が降り、イベントとして企画されたのだが、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、一般参加者を迎えたイベントとしての開催は叶わなかった。
とはいえ、予定通りワッカ原生花園の散策ルートは除雪が施されることになり、せめて走行の記録だけは残したいということで、お招きしていたJALの北海道アンバサダーの谷口由紀さん、山内聖美さんと、元プロロードレーサーの横山杏菜さんに、予定されていたエリアを走っていただくことになったのだ。


ゲスト到着前に路面の確認をするノーザンアーク ヒーローズパークのヒロさん

今回のライド会場は、ところ常南ビーチ。夏季になると「日本一オープン期間が短い海水浴場」として知られ、オホーツクの海を満喫できる貴重な海水浴場だ。最北端として知られる海水浴場は他にあれど、実際に海水浴を楽しむ人々がいるビーチとしては、事実上、最北端と言えるらしく、夏は家族連れで賑わう。冬季はこの景観が一変。氷点下20度以下となる厳寒の冬には、流氷が接岸することもあり、他にはない絶景を楽しめるのだ。海岸に降り、散策等はもちろん認められているのだが、ファットバイクで走行を試みるのは、今回が初めてだ。
ワッカ原生花園は、300種類以上の草花が咲く海浜植物の一大群生地であり、サロマ湖と、オホーツク海を分ける砂州は北海道遺産に認定されている。


国定公園であり、北海道遺産にも認定されたワッカ原生花園

園内の散策路は、自転車走行が認められているが、厳寒の土地とあり、開園は4月下旬から10月上旬まで。今回は閉園時期ではあるが、この散策路とオホーツク海に面する海岸を走行できる許可を得たのだった。
谷口さん、山内さんは、スノーボードのウェアやアウトドアジャケットといういでたちで常南ビーチに現れた。乗るのは極太タイヤのファットバイク。大ぶりな車体だが、またがってしまえば、抜群の安定力。少々の路面の荒れはタイヤが飲み込むように吸収し、走破することができる頼もしいオフロードバイクだ。
この予想不可能な経験を前に、緊張しているかと思いきや「楽しみ!」と笑顔の二人。以前、e-バイクで阿寒湖を走り楽しんだ経験があり、怖さは全くなく、この日が来るのをとても楽しみにしていたそうだ。


JALの北海道アンバサダーの谷口由紀さん、山内清美さんが到着


路面状況は、その場によって異なる。走りやすいエリアを探してライドを楽しむ

123

ページの先頭へ

メニューを開く